伊豆大島を走ろう!真夏の島一周サイクリング(その2)

伊豆大島の急な坂道 自転車ライド

人生はじめての島を走る!ということでやってきた伊豆大島。その一周は約50kmです。

岡田港から筆島見晴台までで大体半周くらい走ってきましたが、とにかく坂が多い!島だから当たり前だって?初なので知りませんでした!

 

とはいえ、何事も経験です。

ヒルクライマーの楽園である伊豆大島に、果敢に立ち向かっていきますよ!

 

~前回のライドはこちら~

伊豆大島を走ろう!真夏の島一周サイクリング(その1)
ほとんど思いつきで買ったクロスバイクですが、まさか島まで走りに行くことになるとは想像もしていませんでした。 自転車は人をアクティブにしてくれますね。 というわけで、人生はじめての島ライド!伊豆諸島最大の島・伊豆大島を一周...

 

スポンサーリンク

尋常じゃない坂!坂!坂!

僕たちは、大島観光協会でもらった『東京・伊豆大島ジテンシャMAP』に載っている大島一周道路コースを反時計回りに走りはじめました。

大島観光協会のある元町を出発して筆島見晴台までの約16kmの間に、3つの坂がありました。MAPの情報がこちら。

①ややきつい坂道
700m、平均斜度4.5%、標高差35m

②ややきつい坂道
2000m、平均斜度5.2%、標高差100m

③緩やかな坂道
2500m、平均斜度3.4%、標高差80m

走り慣れている人にはどうってことのない坂かもしれませんが、初心者サイクリスト2名にはこの坂だけでもキツすぎる!かなりの体力を消耗しました。

 

それでは、筆島見晴台から先はいったいどうなっているのか!?

④急な坂道
4700m、平均斜度7.2%、標高差340m

MAPを見て愕然としました。

距離も平均斜度も、今までの坂道とは比べものにならないじゃん!

 

それでも”引き返す”という選択肢があるわけでもなく、クロスバイクにまたがります。

走ってみたらなんてことないかも?…などという甘い幻想は完膚なきまでに打ち砕かれ、そこには上り坂という化け物が立ちはだかっていました。

 

開始5分も経たないうちに足が悲鳴をあげはじめました。これ、一息に上るのは無理!

自転車から降りて押して歩きます。体力が回復したら、また自転車に乗って走る。その繰り返しで少しずつですが上っていきます。

しかし、”押して歩く”と”自転車で走る”の間隔が次第に短くなっていき、ついには逆転。あまりのキツさに、もう自転車に乗れない!

 

筆島見晴台から約2km地点。

伊豆大島の急な坂道

大きくS字を描いている上り坂。新緑と海、きれいな景色を見ると少しだけ元気が出ます。

伊豆大島の急な坂道

どうです?すさまじい坂でしょう?炎天下の坂道をひたすら走り…いや、歩きます。

 

『2kmを歩くと30分かからないくらい』

という経験則があるのですが、平地よりも確実に速度が遅いこと、ときどき休憩をとっていることを踏まえて、この方式に当てはめてみると…?

「この坂を上るのだけで2時間くらいかかるぞ…」

これはいったいなんの修行だ!

 

スポンサーリンク

亀の甲羅を背負いながら

上り坂をキツくしている原因のひとつに、”重たい荷物”があります。

 

関東最東端ライドで往復180kmを走った僕たちはすっかり調子に乗っていて、伊豆大島は一周50kmという前情報を得て完全に余裕をぶっこいていたのです。

その確固たる証拠が荷物。

知人は大きな登山用のリュックサックいっぱいに荷物を詰め込んでいて、「サクっと一周して釣りでもやろう」と釣り道具まで持参していたのです。

入り切らなかった荷物を僕のリュックサックに詰めることになり、ふたりの荷物はおよそ軽快なサイクリングとはかけ離れた重量になりました。

 

例えるならば、『ドラゴンボール』の悟空とクリリンが亀仙人のもとで修業したときに背負っていた重い亀の甲羅。

僕たちも、あの甲羅を背負って走っているようなもの。

ヒルクライムレースを走る選手は1㎏でも重量を軽くして走るそうですが、僕たちはその真逆です。どこまでも、自分に厳しいストイックな男たちなのだ!

 

休憩する回数も時間も増えていきますが、ここで緊急事態が発生。飲み物が底を尽きそう!

この炎天下、大量の汗をかきながら走っている僕たちにとって飲み物は冗談抜きで命の源。

 

自動販売機は!?

こんな山の上にあるはずもない!残り僅かな水をチビチビ舐めるように飲むしかないのか…。

思い返せば『みはらし休憩所』が最後の補給スポットだったかもしれない。これから伊豆大島一周に挑む人は参考にしてください。

 

それはさておき、気持のいい青空が広がっています。

伊豆大島の急な坂道

相変わらずの急坂を必死で上ります。車はまったく通っていないので、のびのび走れることが唯一の救い。

たまに反対方向から坂を駆け下りてくるサイクリストがいて、うらやましくなる。

それにしても、対向車はいても僕たちと同じ方向、反時計回りに走っている自転車には出会っていない。なんでだろう?

 

上り切った先のご褒美

飲み物も底を尽き、水分補給もままならない中、ついに『④急な坂道』を上り切った!

「もう…上らなくて…いい…んだ…」

達成感よりも、安堵の方がはるかに大きかったです。

結局自転車で走ったのは最初の1kmくらいで、あとはずっと押して歩いていました。

 

そして、坂道を上ったということは?今度は下り坂だー!

ペダルを漕がなくても進むって素晴らしい!ついさっきまでは地球の重力に辟易していましたが、今はただただ感謝しかない!

 

道中で、日本で唯一の砂漠である『裏砂漠』を見ることができました!

裏砂漠

裏砂漠は、国土地理院が発行する地図に唯一”砂漠”と表記された場所だそうです。

言われてみれば、鳥取県にあるのは砂漠ではなく”砂丘”ですもんね。

裏砂漠

案内看板を読んでみると、あくまで入口らしく真の裏砂漠はこの先にあるみたい。

見てみたい気持ちはあったんですが、体力的に無理でした。

 

まだまだ明るいですが、時刻は16時なのであまりゆっくりもしていられません。

暗くなる前に民宿に着きたい。先を急ぎましょう。

 

一難去ってまた一難からの光明?

爽快に坂道を駆け下りていましたが、そのスピードが徐々に遅くなっていく。なんだか嫌な予感がしてきたぞ…。

目の錯覚じゃなければ、前方に上り坂が見える。そして重くなるペダル。錯覚じゃなかった。

 

そうなんです。地味に上り坂が現れるんです。

ここまでずっと上ってきたもんだから、この先はずっと下りだと思っていたのですが、実際には細かいアップダウンを繰り返す道のり。あんまり爽快じゃない。

 

久しぶりにMAPを確認してみると、見てはいけないものを発見してしまった…!

⑤急な坂道
4000m、平均斜度6.5%、標高差265m

うそだろ!?第5の坂道なんて聞いてないよー!

しかも、さっき死に物狂いで上り切った坂道と大して変わらない同等クラス。

これは無理だ。とても越えられそうにない。

 

絶望の中、うつろな目でMAPを眺めているとクネクネした道を発見。

「コレ、迂回できるんじゃない?」

伊豆大島の地図

MAPの青い道路が『大島一周道路』、黄色い部分が我らが宿敵『⑤急な坂道』、そしてへたくそな字で”コレ”と書いてあるのが問題のクネクネ道です。

 

このクネクネ道を下っていき、海沿いの道を走れば『⑤急な坂道』を回避できるか?

もう急な坂道を上る体力&気力は残っていません。なにより、この時点で飲み物がなくなってから1時間近く経っているので喉の渇きが限界に近づいていました。

 

ザックリとした地図なので下り切った先の道路状況は正確にわかりませんが、少なくともキャンプ場は存在するようなので自動販売機くらい置いてあるに違いない。

わずかな希望の光に賭け、未知の道を駆け下りることにしました。

 

~数年後のお話はこちら~

このライドから約3年後に今度はロードバイクで、伊豆大島を”時計回り”に一周しました。

強風見舞う島ライド!ロードバイクで伊豆大島を一周してきました(その1)
「島を走りたいな」 そんなふうに物思いにふけるうちに、「走りたい」から「走ろう」にランクアップし、「どこに行こうか?」と具体的に考えはじめるまでに時間はかかりませんでした。 自分のこの妙な行動力、嫌いじゃないぜ。 ...

そのときはじめてわかったのですが、ここで出てくる『⑤急な坂道』って、上り坂ではなく下り坂だったんですよね。約4kmの爽快ダウンヒル。

3年越しに発覚した事実に、当時を思い返してニヤリとしてしまいました。

 

このときのポカリの味を僕たちは忘れないだろう

急な坂道を迂回すべく、海沿いにあるキャンプ場に続くクネクネ道を走るふたり。

かなりの急勾配で強くブレーキングしないとどんどんスピードが出てしまう上に路面がガタガタしているので、ただ下るだけでも大変でした。

クネクネ道は4kmほど続いていました。ん?この短い移動距離で、筆島見晴台から上ってきた分を全部下り切ったということか?

 

そして、下り切った先にあるものとは!?…なにもない?少なくとも道は見えない。

「もしかして、行き止まり!?」

終わった。今度はあのクネクネ道を上るの?無理だ。絶望が僕たちを支配した

…と思ったら、親切なおじさんが「そっちの道から抜けられるよ!」と教えてくれました。判断力が鈍っていたのか、脇道を見落としていたようです。

伊豆大島の海のふるさと村

本当に助かったー!

 

キャンプ場には思惑通り自動販売機があり、砂漠で遭難していた冒険者よろしく1時間ぶりの水分を補給しました。

目を見開きながら500mlのポカリスエットを一息で、最後の一滴まで飲み干します。

このときのポカリは、人生でいちばん!おいしかった!

 

キャンプ場を通り抜けた先には、再び上り坂がありましたが、おそらく『⑤急な坂道』よりは全然楽だと思います。

ただ、道が狭くて少し怖い。この先はどこに続いているんだろう?若干の不安を感じる。

しかし、無事に大島一周道路に合流することができました!一時はどうなることかと思った。

 

秋の浜トンネルを抜けた先には海を一望できる橋があり、「今、島を走っているんだな」と改めて実感することができました。

ずっと山の中を走っていましたからね!

 

そして、ついに!僕たちが出発したスタート地点、岡田港に到着しました!

うおー!伊豆大島一周したぞー!!

 

島一周、走り遂げたあとの

『伊豆大島を自転車で一周した』

計り知れない達成感の余韻にひたりながら、岡田港からさらに30分くらい走り、ボロボロの汗だくになりながら宿泊先の民宿に到着しました。

ホームページの説明書きにあった通り、港から離れていましたが、アットホームな感じなので居心地がよさそうです。

 

部屋に案内されて、重い荷物をおろします。

丸1日、炎天下にいたので体が熱くなっている。とりあえず、エアコンをつけようと思ったら、そうだ!お金を入れるタイプのエアコンだったんだ!

こんなの人生はじめて。とにかく涼しくしたかったので、たくさん100円入れておこう。

 

汗だくで浴びたシャワーの気持ちよさといったら、例えようがない!このために自転車で走ったといっても大げさじゃないかも!

温度調整がかなりシビアで、冷水と熱湯のはざまを探す作業で四苦八苦しましたが…。

 

そして、伊豆大島の繁華街である元町に繰り出して、居酒屋でお疲れ様会!

昼ご飯もまともに食べていなかったのもあり、食事がおいしい!お酒も進む!ここは天国か?

 

この日は元町港の駐車場でお祭りが開かれており、島の人たちが楽しそうに盆踊りを踊っていました。僕たちも混ざって踊ります。

伊豆大島の文化にも触れられて、大満足でした。

 

さらば、伊豆大島!

昨日の疲れと、若干の二日酔いに悩まされながらも起床。

こちらが、お世話になった民宿です。

伊豆大島の民宿

どうです?いい味出しているでしょ?

机の上には、居酒屋から帰ってきて食べたカップラーメン。お酒。出ていくときには、ちゃんと片付けしましたよー!

 

2日目は、岡田港まで自転車で走り、日の出浜で海水浴を楽しみました。海で泳がないとせっかく島に来たのにもったいないですもんね。

そして大型客船の出港の時間になったので、東京まで長い船旅を楽しんでいきましょう。

 

ちなみに、これが伊豆大島一周サイクリングの大まかな所要時間です。

①10:00~ 岡田港を出発
②10:30~ べっこう寿司丼を食べる
③12:00~ 地層台切断面を見る
④13:00~ 波浮港に到着
⑤13:40~ 見晴らし台から波浮港を一望
⑥14:15~ 筆島を見る
⑦16:00~ 裏砂漠を見る
⑧16:15~ 坂道を下りキャンプ場に到着
⑨18:00~ 民宿到着

前回と今回の記事と写真を照らし合わせてもらうと、わかりやすいです。

所要時間は約8時間ですが、実際の走行時間は5時間くらいでしょう。

 

さーて、大型客船に乗り込んで岡田港を出港です!

高速ジェット船だと外を見ることができなかったので、帰りは大型客船にして大正解。

「この島を一周したんだな」

「あの橋!最後、海を一望したところだ!」

なんて話をしながら、伊豆大島が見えなくなるまで船の甲板で海を眺めていました。

 

こういうの、なんかいいですね。一周してから見る島は格別です。思い出がよみがえる。

今回のライドもキツかった!でも、それ以上に楽しかった!機会があればまた走りに来よう。

 

「さらば、伊豆大島!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました