バーエンドバーのメリットとヒルクライムの3つの魅力

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMを付けたROMA3 役立ち情報・体験談

伊豆大島、神奈川県の大垂水峠、山梨県の笹子峠でのライドを経験して、上り坂を走る『ヒルクライム』の魅力に気がつきました。

ヒルクライムってめちゃくちゃツラいんですけど、それ以上に大きな達成感を得ることができるんですよね。

 

そんなヒルクライムをより楽しく走るために、クロスバイクにバーエンドバーを取り付けてみました!

バーエンドバーとはなにか?どのようなメリットがあるのか?

今回はバーエンドバーの全貌と、ヒルクライムの魅力についてお話していきます!

 

スポンサーリンク

バーエンドバーとは?

そもそもバーエンドバーとはなにか?

百聞は一見にしかず。こちらのクロスバイクをごらんください。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMを付けたROMA3

ハンドルの端っこに角みたいなのが付いていますよね?これがバーエンドバーです。

その名の通り、ハンドル”バー”のおわり(端っこ)に取り付ける”バー”のことをいいます。

 

形状や長さなどいろいろな種類があるのですが、僕が購入したのは比較的長くて、先端がグイっと曲がっているタイプのもの。

商品名は『BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07』です。

 

名前に”クラシック”と入っていますが、このようなタイプのバーエンドバーは珍しいのかな。

個人的にはカッコいいと思うんですが、いかがでしょう?

 

正面から見るとこんな感じになっています。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMを付けたROMA3

このバーを取り付けるだけで、ワンランク上のクロスバイクになったような気がしますね!

 

クロスバイクにまたがると、このように見えます。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMを付けたROMA3

握ったときに力が入りやすいように、ハの字になっています。

 

ハンドルバーの端っこに取り付けるためには、バーエンドバーの幅の分だけハンドルグリップ、ブレーキレバー、シフトレバーを内側にずらす必要があります。

とはいえ、ハンドリングにはほとんど影響ありませんのでご安心ください。

 

バーエンドバーのメリット

バーエンドバーを取り付けることによって、ヒルクライムが楽しくなるだけではなく、ロングライドも格段に楽になるのです。

具体的なメリットについてお話していきましょう。

 

①ハンドルを握るポジションが増える

クロスバイクに標準装備されている真一文字のハンドル(フラットバーハンドル)は、ハンドルを握るポジションがひとつしかありません。

つまり、クロスバイクに乗っている間はずっと同じ体勢で走らなければいけないわけです。

同じ体勢で長時間走っていると、手のひらや肩などに疲労が蓄積されていき快適なライドの妨げになってしまいます。

 

そんなときこそ、バーエンドバーの出番!

バーエンドバーを取り付けることによりハンドルを握るポジションが増えて、長時間同じ体勢で走るということがなくなるのです。

ハンドルを握る場所を変える(=体勢を変える)ことで、本来1か所に溜まるはずだった疲労を分散させることができ、トータル的な疲労減少につながるというわけです。

 

こちらも百聞は一見にしかず!実際に握ってみましょう!

まずは、通常のポジション。フラットバーハンドルを握る形ですね。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMのハンドルポジション

お次に、バーエンドバーが取り付けてある根本部分を握る形。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMのハンドルポジション

ガッツリとバーエンドバーを握りこむ形。

BBB バーエンド クラシック ベンド BBE-07 150MMのハンドルポジション

僕が取り付けたバーエンドバーは長いので、バーの中でも多少ポジションを変化させることはできます。先端を握ったり、根本を握ったりですね。

 

握る場所を変えるだけで楽になるものなの?と、僕自身も思っていたんですが、実際に体験してみるとちょっと驚くくらい違います。

見た目の変化は少ないかもしれませんが、『同じ体勢をとらない』ということが重要なんだと感じています。

あとは、メンタル的なところも大きい。ハンドルを握るポジションを変えることによって”気分転換”ができるということですね。

 

バーエンドバーの先を握りこむと、フラットバーハンドルを握るよりも前傾姿勢になるので、多少ですが空気抵抗の軽減につながると思います。

お気持ち程度の効果かもしれませんが、風の強い日なんかは重宝します。

 

ただひとつ注意点!

写真を見るとわかりますが、バーエンドバーを握るとブレーキレバーから指が離れてしまうのです。そのため、瞬時にブレーキをかけることができなくなります。

なので、基本的には人や車の多い市街地、信号が多くストップ&ゴーを繰り返すような道路ではあまり使わない方が賢明です。

低速で走るヒルクライムや見通しのいい道、サイクリングロードでの使用をオススメします。

 

②ハンドルを体に引き寄せやすくなる

急勾配の坂道を上るとき、またはギアを重くして加速するときを想像してみてください。

グイっとペダルを踏み込むのと同時に、握ったハンドルを体の方に引き寄せていませんか?

そうなんです。

自転車って下半身だけで乗るものではなく、上半身も使う乗り物なんですよね。

 

フラットバーハンドルは、手を上から覆いかぶせるように握るため、パワーが地面方向にかかってしまい、ハンドルを体に引き寄せる動作をしにくい。

対してバーエンドバーは、上からではなく横から握るため、ペダルの踏み込みに対応した体の引き寄せ動作が非常にしやすくなっているのです。

 

速く走るためだけに形作られたロードバイク。そのハンドルも、バーエンドバーと同じように上からではなく横から握りますよね?

そういうことです。

 

僕の乏しい語彙力でどこまでお伝えできたか不安ですが、こんなところですね。

スポンサーリンク

輪行袋には入るの?

輪行をする人にとっては『輪行袋に入るのか?』ということが気になりますよね。

結論から言うと、まったく問題ありませんのでご安心ください。

 

~輪行についてはこちら~

クロスバイクで輪行しよう!基本と注意点について
今回は、スポーツ自転車の世界を広げるために『輪行(りんこう)』についてお話しします。 輪行とは・・・ 『自転車を分解してコンパクトにし、専用の袋に入れて、電車・船・飛行機などの公共交通機関に持ち込んで移動すること』をいいます。 ...

 

坂道を駆け上がるヒルクライムの魅力

上り坂を走るのって、本当にツラいんですよね。

呼吸は荒くなるし、足は痛くなるし、先が見えないと絶望的な気分になるし…。

自ら進んでツラい坂を上っている自分に、「オレはいったいなにを?」と自問自答しながら走ることもしばしばです。

 

しかし!それでも、上り坂があったら走りたくなってしまう魅力があるんです!

僕が感じた3つの魅力をお話しますので、共にヒルクライマーをめざしましょう!

 

①わかりやすい達成感を味わえる

スポーツ自転車の魅力の1つに”達成感”というものがあります。

島や湖畔を一周したり、100km以上のロングライドを走り切ったりすると、とても大きな達成感を得ることができますよね。

ヒルクライムでは、その達成感を非常にわかりやすく味わうことができるのです。

 

峠を走るのであれば、ふもとから上り切ったポイントまで走ればクリア!スタートからゴールが明確になっているのでわかりやすいですよね。

有名な峠なんかはサイクリストの方々がブログで取り上げていたり、目標タイムが設定されていたりと、自分の実力を試す目安にもなります。

 

②上り切った先のきれいな景色

ひたすらペダルを回し、ツラい思いをして峠を走り、上り切った先で見る景色は何物にも代えがたいご褒美です。

自分の力だけでこんなに高いところまで上ってこれたんだという感動が待っていて、本当に疲れなんて吹き飛びます。

 

峠によっては、上り切った先が木々に覆われていて景観がよくないところもありますが、それはそれでいいのです。

こればっかりは、いくら言葉で説明しても実際に体験してみないとわからない。

ぜひとも、峠を走ってみてください!

 

③技術を磨いてタイムを縮めるという楽しみ

ヒルクライムを速く走るためには、ガムシャラにペダル回すのではなく、さまざまな技術が必要になってきます。

ペダルの回し方、姿勢、ダンシング(立ち漕ぎ)での体の使い方、ギアチェンジのタイミング、ペース配分、メンタルの持ち方などです。

 

前回よりも短い時間で上れるように、トレーニングをして技術を磨き再チャレンジ!

そういう楽しみ方ができるのもヒルクライムの魅力です。

 

ヒルクライムイベントに参加するという楽しみ方もあります。

ヒルクライムはあまりスピードが出ないので、落車などの危険性も少なく、初心者でも気軽に参加できるサイクルイベントです。

ロードバイクでの参加が前提のイベントが多いですが、探してみるとクロスバイクでも参加できるイベントもあります。

イベントに参加することを目標にして練習に励むのもいいかもしれませんね!

~過去に参加したイベント・大会はこちら~

 

おわりに

今回はバーエンドバーとヒルクライムの魅力についてお話ししました。

 

バーエンドバーは様々な種類があるので、自分の好みに合った形を見つけることが大切だと思います。

ハンドルのグリップと一体になっているタイプもあるので、グリップ部分が劣化して寿命がきたときに丸ごと変えてしまうのも手かもしれません。

 

僕自身も、楽しそうな峠を調べて走りに行く…というライドを何回か経験していますが、まだまだ修行不足の身です。

これからも有名な峠はもちろんのこと、旅先で偶然出会った上り坂なんかも楽しんで走っていきたいと思います!

~過去のヒルクライムはこちら~

 

スポーツ自転車ライフを快適にし、楽しいサイクリングにつながるようなオプションパーツなどを取り付けたら、またご紹介いたします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました