榛名湖周遊道路をのんびりサイクリングしてきました【群馬県高崎市】

2019年におこなわれた『第7回榛名山ヒルクライムin高崎』に参加したときに、ウォーミングアップがてら榛名湖周遊道路を走りました。

とても気持ちのいいサイクリングになったので、そのときの様子をお得な情報とあわせてお伝えしていきます。

榛名湖ってどんなところ?

榛名湖は、榛名山の山頂にできたカルデラ(火山活動でできた大きなくぼみ)に生じた湖です。このようにカルデラ内の湖を火口原湖というらしい。

周囲は約4.8km、面積は約1.2平方㎞、最深部は約12m~15mだそうです。

僕が走ったときは、白鳥のボートに乗る人や釣り人、湖畔ではテントやタープを張ってバーベキューをおこなう人々で賑わっていました。

冬は一面凍結して、ワカサギの穴釣りの名所としても知られています。

今回、僕は湖畔周遊道路をぐるりと走ってきました。

ハルヒルでもらった『榛名山トレッキングMAP』によると、周遊道路は約5.6kmとのことなので、1周だと物足りないかな?

ちなみに、地図でいうとこんな感じ。

榛名湖周辺の地図

文字が小さいですが、真ん中にあるひときわ大きい山が榛名富士です。

榛名湖をぐるりと回っている道路を走っていきます!

榛名湖周遊道路を走ろう

榛名湖周辺には、市営の無料駐車場がたくさんあるので、そこを利用させていただきます。

車からロードバイクを降ろします。とりあえず、榛名湖を時計回りに走ろう。

榛名湖

空にはどんよりとした雲がかかっていますが、天気予報によると雨の心配はなさそうで安心。

ここから、少し首を右に向けてみます。

榛名湖の榛名富士

ででん!榛名湖に接してそびえ立っている火口丘『榛名富士』です!きれいな形で本家・富士山にも引けを取らないですね。

榛名富士には登山道もあり、約50分で山頂まで登れるようです。体力に自信がない人、時間がない人はロープウェイで空中散歩を楽しむのもいいですよね。

駐車場を出発して、少し走ると周遊道路は木々の中に突入します。

榛名湖周遊道路

天気がよかったら木漏れ日が気持ちよさそうな道路です。この辺りから湖畔には釣り人やバーベキューをおこなう人で賑わっていきます。

僕もバーベキューというかキャンプに興味があって、そのうち『自転車×キャンプ』のコラボレーションを楽しみたいと思ってるんですよね!

クロスバイクにキャリアー&パニアバックを付けた完全な旅人スタイル。そして、キャンプ場でテント泊。ああ、憧れる!夢が広がる!

そして、その先には榛名湖周遊道路で唯一の上り坂、榛名富士とヒトモッコ山の間の道を走っていきます。

このブログ記事を書くにあたり榛名山について色々調べていると、『榛名湖』『榛名富士』そして『ヒトモッコ山』には、大きな天狗の伝説が残っていることが分かりました。

それは、こんなお話。

昔、榛名天狗が「一晩のうちに富士山より高い山を作る!」と言い放ち、大地を掘って山の上に盛り上げていきました。

しかし、いつしか夜が明けてしまい榛名天狗の宣言通りにはならず。

惜しくも富士山に届かなかった山が『榛名富士』に、掘った大地に落ちた榛名天狗の悔し涙が『榛名湖』に、そして、「ちぇ!」っとばかりに投げ捨てた最後の”一モッコ”の土が『ヒトモッコ山』になったとさ。

おもしろいですよね。天狗伝説とダイダラボッチ伝説の融合だと言われているそうです。

閑話休題。

榛名湖周遊道路

わかりにくいと思いますが、上り坂の入口です。距離にしたら数百メートルですが、最大勾配12~13%くらいありました。

すぐ終わっちゃいますけど、ちょっとした刺激にはなります。

坂を駆け下りると、榛名山の生い立ちや動植物などを展示した施設『ビジターセンター』がありました。

時間の関係で立ち寄りませんでしたが、手元のガイドマップによると「榛名山についての勉強をするならここにお立ち寄りください」とのことです。

うーん、心強い。次回、榛名山を訪れたときは必ず寄ろう!

このあたりは、トテ馬車なんかもあり人で賑わっていました。

榛名湖

ここいらで記念撮影しておきましょう!ぐんまちゃんも写っています。

この後、無事に一周を走り切ったのですが、少し物足りなかったので今度は反時計回りに走ってみることにしました。

距離の短い周遊道路は時計回り、反時計回りの両方を楽しめてお得ですね。

とても楽しい時間を過ごせました!

思い返してみると、何気に湖を一周したのって茨城県の霞ケ浦だけ?あんまり湖の周りを走る機会ってないからなぁ…。

それでも、日本一大きい湖・琵琶湖はいつか必ず一周する!という野望を抱いています。ちなみに一周の距離は約200km。うーん、武者震い。

榛名湖サイクリングのお役立ち情報

榛名湖周遊道路のサイクリングの様子をお話させていただきましたが、写真も情報量も少なすぎる!もう少し考えながら走ればよかった。

ここで終わるのもブログ記事として寂しいので、榛名湖周辺のサイクリングお役立ち情報を少しご紹介していきたいと思います!

榛名湖のサイクルイベント

榛名湖でおこなわれている自転車のイベントです。

・榛名山ヒルクライムin高崎(ハルヒル)

毎年5月下旬開催。最大勾配14%の榛名湖コース(16.5km)を自転車で駆け上がるヒルクライムレースです。

僕が参加した2019年の第7回大会の様子はこちら。

群馬県高崎市のヒルクライムイベント、通称・ハルヒルに初参加してきました!大会の様子をレポートします。最高の体験ができました~!

初参加者に向けた参加マニュアルも作ってみたのでよかったら参考にしてください。

はじめて参加した大規模ヒルクライムイベントであるハルヒル。とても楽しかったので、多くの人に参加していただけるように、僭越ながら参加マニュアルを書いてみました!

・榛名湖リゾートトライアストンin群馬(ハルトラ)

毎年7月下旬開催。泳ぎ、走り、そしてバイクで駆け抜けるトライアスロンが榛名湖でもおこなわれています。

エントリーできる種目は、スタンダード『スイム1.5km、バイク40km、ラン10km』と、それよりも距離が短いスプリント『スイム0.75km、バイク18km、ラン5km』です。

普段は遊泳が禁止されている榛名湖で泳げる貴重な機会。ああ、僕も泳ぎが苦手じゃなければ参加したい!

トライアストン挑戦録…だと、このブログの趣旨から外れちゃうかな?

ハルヒルにB.B.BASEで参加しよう

B.B.BASE(BOSO BICYCLE BASE)をご存じでしょうか?

東京都墨田区のJR両国駅から千葉県の房総方面に運航しているサイクルトレインで、自転車を解体せずに車内のサイクルラックに固定できる列車です。

BOSO BICYCLE BASEの由来は、『BOSO – 「房総」の各地を、BICYCLE -「自転車」で駆け巡るための、BASE – 「基地」』として、列車をサイクリングの基地にしようというもの。

この夢のような列車が、2019年の第7回ハルヒルではじめて、参加者を対象に両国駅—高崎駅間で運行されました。

おそらく、来年以降も継続して運行するんですよね?東京都内から向かうハルヒル参加者には嬉しいトピックですね。

レンタサイクル

榛名湖ガイドブックによると、榛名湖周辺で利用できるレンタサイクルは下記の2か所だそうです。参考にしてください。

・江原貸自転車

1人乗り…500円
2人乗り…1,000円

営業時間は6時~16時。冬季は休業しているようです。

・天狗亭貸自転車コーナー

タンデム(1人乗り)1時間…500円
タンデム(2人乗り)1時間…1,000円

営業時間は9時~17時。不定休。家族4~5人で乗れる車種もあるようです。

レンタサイクルを利用すれば、自転車を持参しなくても榛名湖周遊を楽しむことができますよね。ゆっくり走っても20~30分くらいなので気軽に走り出せるのも魅力。

榛名湖周辺の宿泊施設

榛名湖周辺にはたくさんの宿があります。高崎市の散策やハルヒルなどで宿泊するときの参考にしてください。

◇榛名湖温泉ゆうすげ元湯

◇レークサイドゆうすげ

◇甲子亭 別館

◇旅館 ふじや

◇榛名湖ヘルスセンター

◇ホテル・セゾンドはるな

◇旅館 高原

◇天狗亭

ちなみに、僕がハルヒルのときに宿泊したのは『甲子亭 別館』です。

宿の方はとても親切でアットホームな雰囲気でした。最近リノベーションしたのか部屋やトイレ、お風呂に至るまでとてもきれいで居心地がよかったです。

ハルヒルの時期だけなのかわかりませんが宿内にサイクルラックが用意されていて、ロードバイクを室内で保管できるのも嬉しいところ。

そして、ハルヒル参加者の朝が早いことを理解してくれて、朝食を朝4時に用意してくれました!ありがたい!とても美味しく、朝からお腹いっぱい食べてしまいました。

お気に入りの宿を見つけておくと、ハルヒルに参加するときの楽しみが増えますよ!

おわりに

榛名湖、とても素敵なところでした。今回はあいにくの曇り空でしたが、天気がよければさらにきれいな景色に出会えそうです。

周遊道路は5.4kmと短いので、本格的に走りたい人には物足りないと思います。

なので、榛名山ヒルクライムのあとのクールダウンに湖を一周すれば、榛名のすべての満喫できること間違いなしですね!

今回のライドで、湖の周りを走るのは楽しいということに改めて気づくことができました。霞ケ浦は大きすぎて、湖というより海ですもん。

もう少しこじんまりした湖をのんびりサイクリング。そして、温泉でも入って帰路に着く。これって最高の楽しみじゃないですか?

もっといろいろな湖を走ってみたくなりました。そして、ゆくゆくは琵琶湖かな!?

榛名山関連の記事が続きましたが、ここで次回予告。

初心者にしき、ついに日本一の山に上る!…ということで、こうご期待です(*゚▽゚)ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする