クロスバイクで輪行しよう!基本と注意点について

こんにちは、サイクル初心者にしきです。

伊豆大島一周ライド、そして前回の山梨県甲府市までのライドで輪行をおこないました。

そこで今回は、クロスバイクを輪行するときの基本と注意点をお話しします。

輪行ができるようになると、世界をグンと広がりますよ!

輪行についてのおさらい

まずは、基本的なことをおさらいしましょう。

輪行とは?

自転車を分解して専用の袋に入れ、電車、船、飛行機などの公共交通機関に持ち込み、移動することです。

メリット

言わずもがな、行動範囲が広がることです。

時間がない、体力がないなどの理由により、自走だけでは行けないような遠方にも電車さえ走っていれば行けちゃいます。

そして、ライド計画の幅が広がるのも魅力です。

例えば…

①遠方まで自走して、電車で輪行して帰ってくる。

②遠方まで電車で輪行して、自走して帰ってくる。

③船で輪行して、離島など公共交通機関を利用しないと行けないところに行く。

思いついた限りだと、こんな感じですかね。

あとは、ロングライド中にアクシデントに見舞われて自走不可能になってしまったときなど、輪行ができれば最寄り駅を利用して帰ることができるので安心ですよね。

僕もロングライドをするときは、お守りがわりに輪行袋を持っていきます。

デメリット

輪行自体のデメリットは特にないです。

自転車をフルに楽しみたいサイクリストは、覚えておいて損はなし!

ただし、唯一にして最大の注意点があります。

それは、輪行すると自転車が結構キズつくということ(´∀`;)

もちろんキズつきそうなところは、あらかじめスプロケットカバーやフレームカバーで保護しますが、それでもどこかしらキズつくのが輪行というもの。

これは、某有名自転車屋さんの店員さんも言ってました。

僕も2回の輪行でフレームとギアチェンジレバー(…で名称合ってるかな?)が多少キズつきました。

でも、本当に小さいキズですし、それより輪行できることのメリットの方が大きいと個人的には思っています。

あ、もちろん僕の輪行技術が未熟なせいも多々あると思いますので、あくまで僕の体験談ということで聞いてくださいね!

必要な物

①輪行袋

輪行袋と一口に言っても色々種類がありますが、大別すると”横型”と”縦型”があります。

それぞれに特徴があるのですが、ザックリ説明すると以下の通り。

~横型~

・自転車を逆さまにして袋に入れるので、エンド金具が必要ない。

・収納が比較的容易。

・横幅があるので、電車内でスペースを取りがち。

~縦型~

・フレームを立たせて入れるので、エンド金具が必要になる。

・エンド金具を取り付けるため、収納に手間がかかる。

・省スペースで、電車内でもジャマになりにくい。

以前も紹介しましたが、僕が使っている輪行袋は『OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋 L-100』です。

OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋 L-100

輪行袋としては、超定番品だそうです。

OSTRICH(オーストリッチ)輪行袋 L-100を広げたところ

広げるとこんな感じ。

フレームにタイヤを縛り付けて固定するための紐が3本、肩掛け紐が1本付属しています。

②エンド金具

L-100は縦型の輪行袋なので、エンド(後輪が付いているところ)を守るためのエンド金具が必要になります。

OSTRICH(オーストリッチ)エンド金具 エンド幅135mm MTB向け

これは、『OSTRICH(オーストリッチ)エンド金具 エンド幅135mm MTB向け』という商品です。

袋を開けて各パーツを見てみましょう。

OSTRICH(オーストリッチ)エンド金具 エンド幅135mm MTB向けを開けたところ

なにやら、色々と出てきましたね。

ほんのちょっぴり安い『ロード向け』という商品もあるのですが、違いはスペーサー(写真の丸い部品)が付属していないだけ。

これについては、後述の注意点でお話しします。

僕はこのスペーサーの存在に気づかず、無駄にエンド部分を傷つけてしまいました( ;∀;)

ここからは、必須ではないけれど、あったほうがいいもの。

フレームを保護するものですね。

③スプロケットカバー

スプロケットとは、後輪にたくさんついている歯車です。

スプロケットカバーをすることで、フレームとスプロケットの両方を守ることができます。

OSTRICH(オーストリッチ)フリーカバー MTB用

僕が使っているのは、『OSTRICH(オーストリッチ)フリーカバー MTB用』という商品。

一回り小さい『ロード用』という商品もありますが、クロスバイクは『MTB用』でOK。

OSTRICH(オーストリッチ)フリーカバー MTB用の裏

ちなみに、裏はこんな感じになっていて、スプロケットがすっぽり入ります。

④フレームカバー

僕は、『TIOGA(タイオガ)フレームプロテクター』という商品を買いました。

TIOGA(タイオガ)フレームプロテクター

開けてみましょう。

TIOGA(タイオガ)フレームプロテクター

TIOGA(タイオガ)フレームプロテクター

大きさの違う3枚のフレームカバーが入っています。

僕は、この3枚をすべて使っているわけではなく、1番大きいサイズのものを、フレームとスプロケットが当たる部分にだけ付けています。

なるべく、荷物は減らしたいですからね( ̄∀ ̄)

余談ですが、フレームカバーを買おうとしたときに、自転車屋の店員さんが、「カバーを買わなくても、いらなくなったタオルなんかでも大丈夫ですよ」と言ってくれました。

こういう、お店の利益関係なくアドバイスしてくれる店員さんって、なんかいいですよね!

手順を解説

さ~て、次はいよいよお待ちかね!輪行の手順説明といきましょう!

とは言え、今は便利な世の中です。YouTubeで検索すればわかりやすく説明している動画はたくさんあります。”百聞は一見に如かず”と言うように、動画の方が理解しやすいと思います。

しかし!ここはあえて、写真と文字で説明していきます!

フロントとリアのギアを一番外側にしておく(いわゆるアウタートップ)。

クロスバイクの輪行手順

慣れないうちは、これを忘れがち。

②前後のVブレーキを開放する。

これも慣れないうちは忘れがち。タイヤを外そうとして、「あれ、外れない」と思ったらブレーキを開放していなかった…ということが多々あります。

③後輪のクイックレバーを起こして、後輪を外す。

外し方はとても簡単。後輪を抑えて、サドルを持ち上げるだけでガチャンと外れます。

ギアがチェーンに引っかかっている場合は、リアディレイラーを動かしてチェーンをたるませて、ギアを外す余裕を作ってあげます。慣れればノーハンドで外すことができます。

④クロスバイクをひっくり返す。

クロスバイクの輪行手順

ひっくり返したときに地面と接触しそうなものはあらかじめ外しておきましょう。僕のクロスバイクで言えばフロントライト。サイコンはギリギリ大丈夫です。

⑤前輪のクイックレバーを起こして、前輪を外す。

クロスバイクの輪行手順

今回は忘れてしまっていますが、本来はここでシフトレバーを操作してリアディレイラーを一番内側に移動させておきます。

万が一倒してしまったときに、リアディレイラーが地面にぶつかり故障するのを防ぐためにおこないます。

⑥エンド金具を取り付ける。

エンドバー

これがないとエンドを守ることができず、自転車を立たせることができません。

エンド金具を買うと専用のクイックレバーが付属していますが、僕は後輪に付いているものを外して使っています。荷物は少しでも減らしたいですからね。

クロスバイクで使うときは、エンド金具の左側に付いている丸いスペーサーが必要なので失くさないように注意しましょう!

クロスバイクの輪行手順

ほい!こんな感じで取り付けます。

⑦クロスバイクを右に倒して、サドルとエンド金具で自立させる。

クロスバイクの輪行手順

ハンドルはギアと逆方向に倒しておくと、重さのつり合いがとれてうまく自立します。

クロスバイクの輪行手順

先ほど取り付けたエンド金具です。輪行時の”足”になるわけですね。

エンド金具を取り付けるときは、写真のようにチェーンの間にクイックレバーを通すことで、チェーンがフレームにあたることを防ぐことができます。

⑧フレームカバー、スプロケットカバーを付ける。

クロスバイクの輪行手順

フレームの真ん中に付いている黒い布がフレームカバーです。一番傷つきやすいところをまもります。スプロケットにもカバーをして、フレームへの傷を軽減しましょう。

ここまで来たら、いよいよ大詰め!

⑨タイヤで自転車本体を挟み込む。

クロスバイクの輪行手順

タイヤで自転車を挟み込むときは、ペダルの位置に注意。担ぎやすさにも直結するので定位置を守りましょう。

クロスバイクの輪行手順

逆から見るとこうなっています。こちら側のタイヤはハンドルで抑え込んでいます。

そして、地面に置いてある3本の紐で車体にタイヤをくくり付けます。

クロスバイクの輪行手順

紐をくくる場所は大体ここら辺。写真だと分かりにくいですかね?持ち上げても緩まないようにグイグイ締めて、しっかり固定させます。

⑩担ぐための肩掛け紐をペダルのところにくくり付ける。

クロスバイクの輪行手順

ペダルのところってどこ!?写真のここです。付属の肩掛け紐の一方を輪にして、そこを通るようにくくり付けます。

⑪輪行袋を広げて、指定された方向にクロスバイクを入れていく。

クロスバイクの輪行手順

輪行袋の底にガイドがあるので、この通りに入れていきます。

クロスバイクの輪行手順

そりゃあ!肩掛け紐は見失わないようにフォークに引っ掛けておきます。

クロスバイクの輪行手順

ここら辺まで入れたら、肩掛け紐を袋の穴から出します。

クロスバイクの輪行手順

にゅいーん。この肩掛け紐を、ハンドルのステム部分にくくり付けます。

⑫担ぐための肩掛け紐をハンドルのステム部分にくくり付ける。

クロスバイクの輪行手順

見づらくて申し訳ありませんが、ステムが横になっているこの部分です。

⑫車体を完全に袋の中に入れて、はい!完成!

クロスバイクの輪行手順クロスバイクの輪行手順

このようにきれいに収まります。自転車が少しでもはみ出ているとルール違反となってしまうので、気を付けましょう。

クロスバイクの輪行手順

ここに肩をいれて、そいや!と担ぎます。一見すると担ぎにくそうですが、タイヤと車体がしっかりと固定されていれば結構安定しています。

降ろすときは、ゆっくり、そおっと気をつかって降ろします。僕はサドルの方から降ろすようにしています。

輪行を解除するときは、この手順を逆にたどっていけば元に戻せます。

ひとつ忘れがちな注意点として、⑤で内側に移動させたリアディレイラーを元の位置(一番外側)に戻してから後輪を取り付けること。

僕は、後輪を戻すときは自転車をひっくり返した状態でおこないます。結構コツが必要な作業ですが何回かやっていれば慣れると思います。

いかがだったでしょうか?

写真と文字で輪行を説明するのは思ったより難しかったですが、少しでも輪行の流れが伝わればいいなと思います。

前述の通り、わからなければYouTubeの動画を見るのが手っ取り早いです。

僕もそれで覚えましたし、この記事を書くにあたり久しぶりに見返したら抜けている部分や新しい発見もありました。

ぜひ、トライしてみてください!

僕が引っかかった罠と注意点

輪行の基本的な注意点は、上記の動画を見ていただければわかると思うので割愛します。

その代わりに、僕が輪行をする際に引っかかった罠と注意点をお話しします。

①キックスタンドが入らない!

クロスバイクなら、付けている人も多いと思われるキックスタンド。

これをつけてると、僕が買ったL-100の輪行袋には、入り切らなくなってしまうんです。

んじゃ、どうしたか?

他に方法がなかったので、キックスタンドを外してから輪行袋に入れて運びました。

この方法、オススメできないので注意です!

キックスタンドの着脱を繰り返していると、キックスタンドのネジ穴がバカになり、ネジを回しても回しても締まらなくなります。

その状態でキックスタンドを使い続けていたら、フレームがキズついてしまいました。

最終的には、キックスタンドを取り付けるための重要な部品を失くしてしまい、取り付け不可能になってしまいました。

残念ながら、輪行とキックスタンドは相性が悪いみたいです。

②エンド金具のスペーサーに気づかなかった!

クロスバイクとロードバイクでは、エンド幅の長さが違うんですよね。

一般的に、クロスバイクは135mm、ロードバイクは130mm。

上記で紹介したエンド金具には、MTB用(クロスバイク含む)とロードバイク用があり、その違いは厚さ5mmのスペーサーが付属しているか、していないか。

もう、おわかりでしょうか?

そうです。

エンド金具自体の幅は130mmなので、ロードバイクではそのまま使用できるのですが、クロスバイクの場合だと長さが5mm足りないので、スペーサーを挟む必要があるんです。

このスペーサーの存在に気づかずに、「あれ~、いくら締めても緩いぞ~?」と、キツくなるまで締めようとしていたら、ガリガリとエンド部分の塗装が剥げてしまいました(´;ω;`)

こんなところですかね?

またなにか思い出したり、体験したら追記します!

おわりに

未熟な僕ですが、今回は輪行についてお話させていただきました。

最初は、輪行って敷居の高いものに感じますが、数回やればすぐに慣れると思います。

何事もチャレンジです。

一歩が踏み出せない人は、僕のように、やらざるをえない状況を作っちゃいましょう!輪行で世界が広がる感覚を、ひとりでも多くの人に味わってほしいです。

もしなにかわからないこと、気になるところがあれば、コメントでもメールでもお気軽にご連絡ください。

それではっ(。・∀・。)ゝ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. PALCOM より:

    輪行方法を記した本記事が一番読まれているようですね。

    一点だけ気になったのですが、本記事中、自転車の一部が少しでもはみ出しているとマナー違反というのは、正しくはルール違反ですね(旅客運輸規則の定める「収納」に当たらない)。

    どうでもいい違いのように思えますが、ルール違反だと駅員や乗務員に拒まれたら乗車できないので、疲労困憊していたり、自走不能になってしまったケースだと非常に困ったことになってしまいます。

  2. PALCOM より:

    旅客運輸規則ではなく、正しくは旅客営業規則です。
    失礼しました。

    • にしき より:

      該当箇所は、文言を『マナー』から『ルール』に訂正させていただきました。
      認識はしていたはずなのにうっかりしていました・・・。自分では気づけなかったので、ご指摘いただきとても助かりました!
      旅客営業規則に関しても、改めて勉強してみようと思います。
      ありがとうございます!

  3. PALCOM より:

    東海道・山陽・九州新幹線で、特大荷物置き場(最後部座席と壁の間のスペース)が予約制になったようですね。

    予約制になったことを知らずに今までどおり自転車を置いていたサイクリストが、途中駅で乗り込んできた予約者に自転車をのけるように言われたりするのでしょうか?逆に、予約したサイクリストが予約していない外国人旅行者に特大荷物をのけるように指示しなければならないのでしょうか?

    予約制になると、違法輪行に対するチェックは厳しくなりそうです。

    • にしき より:

      特大荷物置き場というのは、僕も何度か利用してブログでも写真を載せたあのスペース!?これは輪行サイクリストにとっては、聞き逃せないトピックです。
      PALCOMさんのおっしゃるような懸念も生まれますよね。正しく把握していないと、乗客同士でトラブルが起こりそうです。
      逆に予約制になるメリットは、予約さえしてしまえば自転車の置き場所には困らないことでしょうか?
      詳しくリサーチする必要がありそうですね。ちょっと確認して、早速記事にさせていただきます!
      貴重な情報をありがとうございます!