クロスバイク購入時に買った方が良い物

こんにちは、にしきです!

クロスバイクを買うときに、同時に買わなければいけない物、買った方が良い物がいくつかあります。

自分の経験を踏まえて、それらをご紹介していきます。

警音器(ベル)

最初から付いているスポーツ自転車もありますが、そうでない場合は購入しましょう。

東京都の条例では、ベルの装備が義務化されていますが、都道府県によってはそうでないところもあるそうです。

ただし、道路交通法第54条で、『警音鳴らせ』の標識があるところでは、警音器(ベル)を鳴らさなければ違反となるので、どちらにせよ、警音器は必要ということですね。

注意しなければいけないのは、むやみに警音器を鳴らしたり、歩行者に向けて警音器を鳴らす行為は、道路交通法第54条違反となります。

僕がクロスバイクを買ったときも、店員さん曰く、使用頻度は高くない(というかほぼ使わない)けれど、念のため付けておきましょうとのことでした。

前照灯(フロントライト)

道路交通法第52条で、『夜間、道路を通行するときは、灯火をつけなければならない』と定められています。

『灯火』の条件は、都道府県ごとに決められているそうです。

例えば東京都では、下記のように定められています。

◆白色または単黄色であること。

◆夜間、前方10mの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有すること。

光度については、光度値400カンデラ以上あれば問題ないそうです。

光度値と言われてもピンときませんので、詳しくは自転車屋の店員さんに聞くのが一番です。

反射板、尾灯(テールライト)

夜間の道路、トンネル内、濃霧の中など、50m先まで明瞭に見えない暗い場所を走るときは、反射板または尾灯(テールライト)を装備しなければいけません。

反射板は最初から付いていることが多いと思いますが、夜間を走るときにより安全なのは、自ら光を発するテールライトです。

このテールライトで1つ注意点。

多くのテールライトは、点灯と点滅を切り替えることができる様になっていますが、点滅は『尾灯の灯火』とは認められないのです。

そのため、テールライトを点滅させて走る場合は、必ず反射板も一緒に装備しなければいけません。

点滅の方が、点灯以上に目立つのに、不思議なものですね。

クロスバイクやロードバイクなど、高価なスポーツ自転車には、どうしても盗難のリスクがつきまといます。

特にロードバイクは、クロスバイクとは比べ物にならないほど高価で、自転車自体も軽いため、盗まれてしまう危険性が高いそうです。

ロードバイク専門の窃盗団もいるとか。恐ろしや…。

そこで重要になってくるのが、盗難対策の鍵です。

鍵にも、ケーブルロック、チェーンロック、U字ロックなど、様々な形状のものがあります。

当たり前ですが、頑丈で切られにくいほど、盗まれにくいです。

しかしその分、鍵自体が大きく、重くなってしまう傾向にあります。

自転車屋の店員さんに相談して、自分がスポーツ自転車で楽しみたいスタイルに合った鍵をチョイスしましょう。

ちなみに僕は、美味しい物を食べに行きたい、御朱印サイクリングをしたいということで、20~30分くらい駐輪する可能性があると想定して、大きめのチェーンロックを購入。

クロスバイクの鍵

ちなみにこれです。

頑丈なのは良いのですが、とにかく重い!

ロングライドには不向きなので、ロングライド用の鍵を買いなおしましたが、状況によって鍵を変えるのも1つの手だと思います。

空気入れ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ自転車は、空気を入れるところの形状が仏式バルブになっているため、専用の空気入れが必要になります。

自転車のタイヤは、乗らなくても、少しずつ空気が抜けてしまうので、自転車に乗る前には必ず最適な空気圧になるように、空気を入れなければいけません。

空気が入っていないのに乗ってしまうと、パンクの原因にもなりますしね。

そのためにも、空気圧がわかるメーターの付いた空気入れがオススメです。

初心者では、タイヤにどれくらいの空気が入っているかなんてわかりませんしね。

おわりに

以上の5点がクロスバイクを購入する時に、合わせて購入した方が良い物です。

参考にしてください。

わからないことがあれば、購入時に自転車屋の店員さんに聞くのが一番です。

最適な物を、親切に教えてくれると思います。

それにしても、自転車を買ってそれで終わりではないんですよね…。

ちょくちょく必要な物があり、お金がかかる。

それは仕方ないことですし、基本的には1度買ってしまえば壊れるまでは使える物なので、割り切りましょう!

ルールを守った装備で、快適なクロスバイク生活を楽しみましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする