石川県金沢市のレンタサイクル『まちのり』を楽しもう!利用方法と自転車紹介

金沢市のレンタ金沢市のレンタサイクルまちのり(兼六園)サイクルまちのり 役立ち情報・体験談

今回は、石川県金沢市を旅行したときに利用した、公共レンタサイクル『まちのり』についてお話をしていきたいと思います。

観光とサイクリングは相性抜群ですが、いつも自分の自転車を持ち込めるとは限りません。そんなときに利用していただきたいサービスです。

さっそく、詳しい内容を説明していきましょう!

 

スポンサーリンク

まちのりってなに?

まちのりとは、石川県金沢市街地にある自転車のレンタル・シェアリングサービスのことです。簡単にいうと、利用者みんなで自転車をシェアするサービスです。

街中の21か所に設置された『サイクルポート(貸出・返却拠点)』または『まちのり事務局』であれば、どこでも自転車の貸出・返却ができます。

つまり、自転車を借りた場所ではない、別の場所のサイクルポートに返してもOKなのです!

 

これが、サイクルポート。自転車がずらりと並んでいます。

金沢市のレンタ金沢市のレンタサイクルまちのり(兼六園)サイクルまちのり

ここは、日本三大庭園で有名な兼六園のサイクルポート。

金沢市のレンタサイクルまちのり(兼六園)

どこのサイクルポートかは、設置されている端末機に名前と番号が記載されています。この端末機を操作して、自転車レンタルの手続きをおこないます。

まちのりレンタルポートMAP

見にくいかもしれませんが、これが21か所のサイクルポート設置場所。金沢駅周辺の観光名所には必ずあると言っても過言ではありません!

 

僕がまちのりを利用しようと思ったのも、金沢市を観光するのにあたり自転車が1番便利そう…というかちょうどよさそうに感じたからです。

観光名所が集まっているのでレンタカーを使うほどでもない。

出発・到着の時間を気にする必要があるバスよりも気軽に移動できるし、なによりも金沢市は街並みがとてもきれいなので、ゆっくりと移動できる自転車はまさにちょうどいい移動手段。

天候にも左右されますが、雨さえ降っていなければ本当にオススメです!

 

レンタル料金と利用方法

まちのりのレンタル料金は以下の通り。

基本料金:1日200円、1ヶ月1,000円、1年9,000円
追加料金:最初の30分0円、以降30分ごと200円

基本料金?追加料金?どういうこと?…となると思いますので説明します。まちのりは、一般的なレンタサイクルとは違う点が3つあるんです。

①1日200円の基本料金を払っても、1日借りっぱなしにできるわけではない
②基本料金で連続使用できるのは30分まで。以降30分毎に追加料金200円がかかる
③ただし、ポート間を30分以内で乗り継げば(1度返却して再度借りる)、基本料金で何回でも利用できる

 

まちのりは、利用者全員で自転車をシェアするサービスです。

みんなが自転車をずっと借りっぱなしにしてしまうと、「利用したいのにサイクルポートに自転車がない!」という状況が発生してしまいます。それを防ぐためのシステムですね。

まちのりのサイクルポート設置端末

サイクルポートにある端末機の最初の画面でも、それを謳っています。

実際に利用しましたが、観光する上ではなんの不自由もないシステムだと感じました!

金沢市は観光名所が多く密集しているので、10~15分くらいで次のサイクルポートに乗り継いでいけるので、焦らなくてもいろいろ見て回れました。

 

肝心の利用方法は?

まちのりの使い方

パンフレットの①~③まで、順番に説明していきます!

 

①登録

まずは、サイクルポートにある端末機から登録手続きをおこないます。端末機からの登録手続きはクレジットカードが必須なので、準備しておきましょう。

端末機を操作して『利用期間』と『利用台数』を選択。1日利用の場合は、ここで利用に必要なパスワードが発行されます。

最後に、”電話番号の入力”と”クレジットカードの挿入”をおこない、登録手続きは完了!

利用料金は後日クレジットカードから引落しされる仕組みです。

 

では、「クレジットカードを持っていないよ!」という人は利用できないのか?

そんなことはありません!

現金での利用を希望する人は、金沢駅の近くにある『まちのり事務局』で利用の手続きをおこないましょう。

まちのり事務局で利用の手続きをおこなうと、専用のICカードを発行してもらえます。必要な金額は、1日の基本料金200円+デポジット料金800円の合計1,000円です。

このICカードを使うことで、サイクルポートから自転車を借りることができます。

利用終了後にはICカードをまちのり事務局まで返却しなければなりませんが、追加料金が発生していなければ、デポジット料金800円がそのまま戻ってきます。

 

②借りる

借りる方法は、パスワードとICカードで若干違います。

パスワードの場合は端末機でパスワードを入力して、乗りたい自転車の番号を選びます。そうすると自転車のロックが外れて、自由に利用できるようになります。

ICカードの場合は、の前輪付近にあるラック部分にある読み取り機にICカードをかざすと、自動的にロックが外れる仕組みになっています。

 

自転車を借りることができたら、金沢の街に向かって走り出しましょう!

追加猟奇を払いたくない!という人は、基本料金で乗れる30分を意識しながら上手にサイクルポートを乗り継いで、観光名所を散策することをオススメします。

 

③返す

これは、もう本当に簡単です。

サイクルポートの空いているラックに自転車を置くだけです。きちんと返却されると、ラック部分のランプが赤から青に変わるので確認しましょう。

 

利用時間内であれば、②と③を繰り返しおこなえるので、乗れば乗っただけ得ですよ!

スポンサーリンク

まちのり自転車の乗り心地レビュー

まちのり自転車はこんな感じになっています。

金沢市のまちのり自転車

自転車自体は小さいですが、意外としっかりしています。サドルの調節も簡単で、自分の体に合うようにセッティングが可能です。

後輪にはスポンサーの看板が付いています。なるほど…!まちのり利用者は、金沢の”走る広告塔”というわけですね。

金沢市のまちのり自転車

ハンドルには、自転車のルールと緊急時の連絡先が書いてあります。こういう細やかな気遣いが嬉しいですよね。利用者のことをよく考えてくれている。

前かごにはサイクルポートの地図が付いているので、観光に役立ちます。ちなみに、鍵も付いているので駐輪して自転車から離れるときは必ず施錠しましょう!

金沢市のまちのり自転車

ギアは1~3の3段階あります。結構スピードが変わりますので状況に応じて使い分けましょう。

 

自転車の紹介はこんなところですかね!

実際に利用してみると、とても乗り心地がよく、快適なライドを楽しむことができました。

普段はクロスバイクに乗っているのですが、街乗り用にこういうコンパクトなサイズの自転車が1台あると便利だな…なんて考えながらサイクリングを楽しみました。

 

おわりに

石川県金沢市を旅行したときに偶然発見した『まちのり』というレンタサイクルを紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

うまく利用すれば、金沢の街を観光する幅が広がると思います。景色を楽しみながら、小回りの利く自転車で観光するのも楽しいものですよ。

 

また、旅行先でおもしろくも快適な自転車に出会うことがあれば紹介させていただきますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました