クロスバイクで日本横断!太平洋と日本海を結ぶ旅(準備編&0日目)【自宅⇒葛西臨海公園】

日本横断ライド(葛西臨海公園) 自転車ライド

2018年のゴールデンウィーク。

かねてから計画していた日本横断ライドを実行に移してきました!

今回は日本横断に向けた準備と、0日目ということで、自宅から出発地点である葛西臨海公園までのライドのお話をしたいと思います。

 

太平洋と日本海を結ぶ旅が、今はじまります!

 

スポンサーリンク

なぜ日本横断なのか?

まずは、なぜ日本横断ライドに挑戦しようと思ったのかをお話しします。

理由は単純明快。

とにかく、クロスバイクで遠くまで走る旅をしたかったということ。

そして、明確な目標を立てて、「走り切ったぞ!」という達成感が欲しかったんです。

 

いろいろなサイクリストの方のブログを拝見していると、日本一周とか日本を縦に走る縦断の話はよく見かけるのですが、さすがにそんなに時間ないぞ。

使える日程は、5月3日(木)~6日(日)までの4日間。

それだったら、縦は無理でも横ならどうだろう?…ということで、横断について調べてみるとたくさんの情報が出てきました。

僕が思いつくことなんて、すでに先輩サイクリストの方々が実践済みですよね(´゚∀゚`)

 

ふむふむ。関東で日本横断と言えば、東京都江戸川区の葛西臨海公園をスタートして、新潟県上越市の直江津をゴールにするのがメジャーなようです。

googlemapでザックリと距離を調べると、280kmくらいで行けるようなので、宿泊しながら余裕をもって走れば、なんとかたどり着けそう。

太平洋と日本海を一本の線で結ぶ。なんとも、ロマンあふれる計画じゃないですか!

 

そういうわけで、日本横断ライドを実行することに決めました。

ここ数回、自宅から葛西臨海公園まで走っていたのは、その出発地点に迷わずスムーズに行けるようにするためです。

 

横断の走行計画

快適で安全な自転車旅には、具体的な走行計画を立てることが重要です。

葛西臨海公園から直江津までは様々なルートがあるようですが、1泊以上の自転車旅は初めてなので、比較的難易度の低いルートをチョイス。

それを踏まえた上で考えた走行計画がこちらです。

 

5月3日(木):自宅⇒葛西臨海公園(約30km)

日本横断ライドの初日ですが、あくまでも出発地点に向かうだけなので0日目とカウント。

2回ほど走っているのでルートはバッチリ。迷うことは皆無。

 

5月3日(木):葛西臨海公園⇒群馬県高崎市(約120km)

距離はありますが、平たんな道のりなので大丈夫でしょう。葛西臨海公園からは荒川サイクリングロードをひたすら走り、どこかで国道17号に入れば高崎市までたどり着くはず。

 

5月4日(金):群馬県高崎市⇒長野県長野市(約120km)

碓氷川サイクリングロードと国道18号を駆使して走る予定です。途中にある碓氷峠が最大の難関かな?軽井沢を越えて、長野市まで走ります。

群馬県と新潟県にまたがる三国峠を越えていくルートは難易度が高そうなので今回はスルーします。長いトンネルもあるようなので、ちょっと怖い。

 

5月5日(土):長野県長野市⇒直江津港(約65km)

直江津港をゴールに設定。3日目は疲労も溜まっていると思うので、後半が楽になるように計画を練りました。国道18号をひたすら走ります。65kmくらいならどんなに疲れていても余裕でしょう。

 

道についてはザックリと把握しておけば大丈夫でしょう。とりあえず、直江津までたどり着けばいいんだしね!

計画が立ったので、さっそく高崎市と長野市の宿を予約。なるべく安い宿に泊まりたいときは、早いうちから宿を探して確保しておくことが大切です。

そして、帰りは新幹線を利用することにしました。さすがに、帰りも自走だと時間的にも体力的にも厳しいものがある。初めての新幹線輪行なので少し緊張。

 

走行計画はバッチリ!次は持っていく道具を洗い出しましょう。

スポンサーリンク

2泊3日の旅に持っていく道具たち

2泊3日の自転車旅の道具はどのようなものを、どのくらい持っていけばいいのか?これからチャレンジする方は参考にしてみてください。

 

~自転車に関係するもの~

・ヘルメット
・サイクルキャップ
・サイクルジャージ
・アンダーウェア
・パット付きインナーパンツ
・アンダータイツ×2
・サイクル用ハーフパンツ
・グローブ
・ビンディングシューズ
・レインウェア
・輪行用品一式(輪行袋、エンド金具、フレームカバー、スプロケットカバー)
・パンク修理用品一式(携帯ポンプ、タイヤレバー、予備チューブ×1)

 

~衣類、洗面具、その他~

・メガネ
・Tシャツ×2
・ハーフパンツ
・下着×3
・靴下×3
・タオル×2
・ハンドタオル×2
・財布(現金35,000円、クレジットカード、保険証)
・iPhone、充電器
・デジカメ、充電器
・モバイルバッテリー
・洗面具(歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、ボディソープ、洗顔剤)
・髭剃り、シェービングフォーム(小さいもの)
・消臭剤(小さいもの)
・救急用品(絆創膏、オロナイン、頭痛薬)
・日焼け止め
・腕時計
・御朱印帳
・トラベルノート
・新幹線チケット
・ビニール袋

 

こんなところですね!ちなみに、個数が書いていないものはすべて1個です。

身に付けていくものも書き出してありますので、靴下×3となっていますが、1足は履いていくので、持っていくのは2足となります。

基本的には、その日に着た衣類はすべてその日のうちに洗濯・乾燥することを前提としています。荷物を減らす工夫ですね。

これらの道具を、ドイターの自転車用リュックサックとトピークの大容量サドルバック『Back Loader 6L』に詰め込んでいきます。

 

準備が進むに連れて、「本当に行くんだよな?」と、恒例になりつつある不安とドキドキが押し寄せてきます。

宿も予約した。新幹線のチケットも取った。この日のために、新しく装備品も購入した。

もはや、”行かない”という選択肢はないのである!

 

0日目~旅立ちは、嵐の朝に

自転車旅で重要なことのひとつが天気です。

晴れなのか、雨なのかによって、旅の快適性やテンションがまったく変わります。10日間天気予報をチェックしてみると、なんとGW後半の関東は全体的に雨模様。

ウソでしょ(;゚ω゚;)

ここまで計画・準備をしたからには是が非でも行きたいところですが、2泊3日のほとんどが雨予報だったら中止にしようと思いました。

雨の中の長距離ライドは危険性も高まりますし、なにより面白くない。修行になってしまう。

 

しかし、日にちが経つにつれて天候は回復していき、初日の3日だけ午前中が雨という予報まで盛り返しました。

これなら、なんとか行けそうだ!

雨上がりを待ってから出発しようとも考えましたが、それでは高崎市に到着するのが何時になるのかわからない。

雨に打たれるのを覚悟で、予定通り6時に自宅を出発することにしました。

 

そして当日の朝を迎えました。

うん、すさまじい雨だ。風も強いし、嵐と言っても過言ではない。

恐る恐るニュースを見ると、『5月の嵐』と報道している。マジか。本当に嵐だったか。

 

ここで、前日購入したジップロックが役に立ちます。濡れて困る衣類や電子製品はすべてジップロックの中に入れておきます。

ちなみに、これが出発前に撮影した旅の相棒であるBianchi ROMA3です。

Bianchi ROMA3 日本横断ライド仕様

大容量サドルバックがなかなかの存在感を放っていますね。

 

正直なところ尻込みしていますが、待っていても雨は弱くならないので、そろそろ日本横断ライドに出発するとしましょう!

正確には、日本横断ライドの出発地点まで向かいましょう!ですね(´・∀・`)ノ

 

まずはお決まりのルートで葛西臨海公園をめざします。江戸川サイクリングロードを市川橋までひたすら直進します。

日本横断ライドまでに、ビンディング着脱の練習をしようと思っていたのですが、結局できずに当日を迎えてしまいました。

久しぶりのビンディングペダルでしたが、バチン!バチン!と問題なくクリートをはめ込むことができました。イメージトレーニングの成果?

 

それにしても、雨と風が想像以上に強い!そして当然のように向かい風!

上り坂を走っているのではないか?と錯覚しそうになるくらい、ペダルを回すのに抵抗があります。こいつは、ヤバイ。

普段、時速25kmくらいで走っているのに、10kmくらいしかスピードが出ません。2時間くらいで葛西臨海公園に着く予定でしたが、かなり遅れそう。

 

嵐の中を走っていると、「みんながゆっくり寝ているGW初日の朝っぱらから、自分は一体なにをしているんだ?」という精神状態に陥ります。

クロスバイクに乗ってみたいと思っている方、よく覚えておいてください。

これでいいんです。これがいいんです。

これこそが、自転車なのです(`・ω・´)

自転車は前にしか走れない!進むしか道はないんです!

 

自他共に認めるワケのわからない精神状態になりながらも、ペダルを回す足は止まりません。

それにしても、こんな嵐の中でも、ジョギングをしていたり、自転車に乗っていたり、犬の散歩をしている人がいるもんなんですね。

形は違えど、ひどりじゃないというのは心強い。

 

そうこうしているうちに市川橋を渡り、市街地に入ると信号が多くなり、必然的にストップ&ゴーも増えてきます。

先日、自分で決めたルール『スピードが落ちたら両足のビンディングを外す』を厳守したおかげで、立ちゴケすることもなく、順調に走ることができました。

 

そして出発から約2時間20分のライドの末、無事に葛西臨海公園までたどり着きました。

風は相変わらず強いものの、雨脚はだいぶ弱くなっています。

日本横断ライド(葛西臨海公園)

荒れる太平洋。

すったもんだありましたが、ここからようやく日本横断ライドがはじまります!

次回からは1日ごとをブログ記事にしていきたいと思います。

 

【本日のライドデータ】

所要時間 2時間20分
走行時間 2時間00分
走行距離 29.36km

コメント

タイトルとURLをコピーしました