江戸川CRを南下して太平洋を眺めてきました【自宅⇒葛西臨海公園(東京都江戸川区)】

葛西臨海公園 自転車ライド

前回のライドでは、江戸川サイクリングロードを北上して千葉県野田市の関宿城まで走ってきました。

それでは、南下した先にはなにがあるのだろう?そうです。皆さんご存知、東京都江戸川区にある葛西臨海公園にたどり着くのです。

江戸川CRを制覇するために、今回は葛西臨海公園をめざして南下して、太平洋を眺めたいと思います!

そして、僕にとってこの葛西臨海公園はとても重要な場所になる予定です。なぜかって?それは、最後にお話ししましょう!

それでは、出発ですヘ( -∀-)ノ

 

スポンサーリンク

ずっと気になっていた海をめざして

江戸川CRには、『海から〇km』という標識が500m間隔で立っています。

江戸川サイクリングロードの標識

これですね。江戸川CRに限らず、サイクリングロードを走る人には、ありがたくもあり、煩わしくもある標識としておなじみでしょう。

僕はクロスバイクに乗る前に、江戸川CRを散歩したり、ジョギングをしていたのですが、いつもこの標識を見て、「この先に海があるのかぁ…」と漠然とした気持ちになっていました。

僕にとって、海は車や電車で行くものなので、サイクリングロードに『海まで〇km』って標識が立っていてなんの意味があるのだろう?と疑問だったのです。

まさか、そんな僕がクロスバイクにまたがり、海をめざして走ることになろうとは!人生ってなにが起きるかわからないものですね。

 

葛西臨海公園までの道のりは事前に確認しておきます。江戸川CRを走っているだけでは着かないようなので、道のりを頭に叩き込んで朝7時に出発です。

自宅から葛西臨海公園までは27kmくらい。前回は2月中旬の寒さにやられましたが、今回のライドはそれから1ヶ月経った3月中旬なので、足先が冷えるほどは寒くない。

流山橋

眼前に見えるのは、千葉県流山市と埼玉県三郷市をつなぐ流山橋。この橋が通勤時間や日曜日はとても混むんですよね。車で移動するときは要注意です。

今日の天気はあいにくの曇り空ですが、天気予報では雨は降らないようなので一安心。

軽快にペダルをコギコギしていると、『幸房の渡し跡』と書かれた標柱がありました。

幸房の渡し跡の標柱

なんじゃこりゃ?気になったので、スマートフォンで調べてみました。うーん、現代っ子。

 

流山の江戸川渡し跡

流山は江戸川と共に栄えた商都で、江戸時代から明治時代にかけて通商の中心地で他県からの往来も多く、とても賑わっていた。

埼玉方面から流山に向かう人々は江戸川を渡らなければならないため、8か所にある渡し船を利用していた。陸路が主流となった現代では、渡し船を利用する人もいなくなり、その姿を見ることはできなくなった。

そして、近年になりその跡を後世に残そうということで、流山市観光協会が8本の標柱を整備した。

 

なるほど。ここに、流山市と埼玉県をつなぐ渡し船があったのか。しかも8か所。現在、流山市と埼玉県をつないでいるのは流山橋の1か所だけ?うーん、そりゃ渋滞もするね。

せっかく興味深い流山市の歴史を知れるチャンスなのに、この標柱の説明だけではピンとこなかった。”調べないとわからない”では、もったいないよ!

 

約1時間走っていると、第1分岐点の市川橋が見えてきました。写真は、橋の下をくぐってから引き返す形で撮影しています。

市川橋

市川橋を渡って国道14号線(千葉街道)に入り、約2km走った先に見えてくる小岩大橋を渡ります。そして、東京都道318号環状七号線(環七通り)にぶつかる交差点を左折して、あとは真っすぐ道なりに走れば葛西臨海公園に到着するはずです。

知らない道を走るときの、「この道であってるのかな?」というドキドキ感、そしてあっていたときの安堵感が好き。冒険しているって感じがします!

スポンサーリンク

葛西臨海公園に到着

葛西臨海公園まで、環七通りを約9.5km走りますが、交通量が多い上にスピードを出している車が大半なので、車道を走るのが怖すぎます。少しでもよろめいたら事故になる。

基本的には車道を走りますが、どうしても怖かったり、駐停車している車が進路をふさいでいる場合は歩道に避難します。歩道は歩行者優先なので、ゆっくり慎重に走りましょう。

そうこうしているうちに、ついに葛西臨海公園の文字が見えてきました!

東京都道318号環状七号線

もうすぐ到着なのか!と期待しながら走っていましたが、車道と歩道を併用して走っているので思うようにスピードが出せず、そこから結構時間がかかってしまいました。

進行方向に葛西臨海公園前交差点の大きな歩道橋が現れたので、それを越えると無事に目的地の葛西臨海公園に到着しました。

葛西臨海公園

ででーん、到着です!

所要時間は2時間15分。足を止めての休憩は1回だけだったので、こんなものでしょう。

それにしても、葛西臨海公園って何気にはじめて訪れました。ウロウロしていると、駐車場で交通整備をしていたおじさんが親切にも園内MAPをくれました。

葛西臨海公園の園内MAP

家に帰ってから撮影したので、ちょっとボロボロになっています。

ふむふむ。大体の位置がわかったので、”大観覧車”を眺めながら”汐風の広場”をめざそう。

葛西臨海公園の観覧車

さすがに大きい!一番上はさぞかし眺めがいいんだろうなぁ。興味はあるけど、ひとりで観覧車に乗るわけにもいかず颯爽とスルー。

葛西臨海公園

そして、”汐風の広場”に到着!太平洋が見えたー!『海から〇km』標識が示す海に、自力でたどり着けたことに少し感動。

ベンチに座って、コンビニで買った菓子パンをかじります。写真に写っている葛西渚橋を渡った先は、葛西臨海公園ではなく、葛西海浜公園というまた別の公園だそうです。

 

葛西臨海公園は一周約5kmなので、本当ならゆっくり一周したいところですが、雨が降り出してきそうなので、今回はそそくさと帰路に着きます。

今回は太平洋を見れたことが重要なのです。

 

江戸川CR制覇、そして次の目標

帰り道は、来た道をそのまま戻ります。同じ道でも行きと帰りでは見える景色が違うので、曲がる場所には要注意。何度か道を間違えそうになりました。

市川橋

市川橋までサクっと走ってきました。帰り道の方が速く感じるのは、行きで距離感を掴んでいるから?市川橋は渡らずに、江戸川CRに入ります。

 

さぁ、あとはひたすらペダルを漕ぐぞ!

江戸川CRはスポーツ自転車に乗っている人がとても多いのですが、そのほとんどがロードバイクでクロスバイクに遭遇することはめったにありません。

それにしても、ロードバイクは速い!速すぎる!スパっと抜かれると悔しいので、全速力で追走するも追いつく気配まったくなし(´゚Д゚`;)

クロスバイクにはクロスバイクのペースがある。安全運転で帰りましょう!

 

ペダルを漕ぐこと2時間、無事に自宅までたどり着くことができました。本日の走行距離はトータル61kmでした。ぼちぼち走ったかな( *`艸´)

前回は北上して関宿城、今回は南下して葛西臨海公園まで走ったことで、江戸川CRを制覇したことになるのかな?わーい!とてつもない達成感!

 

冒頭で、「葛西臨海公園はとても重要な場所になる」とお話したのは、次の目標に関係しています。勘の鋭いスポーツ自転車乗りの方なら、もうおわかりでしょう。

ワタクシにしきは、葛西臨海公園を出発して、新潟県直江津まで約280kmを走る日本横断ライドを計画中でございます!

太平洋から日本海まで、自転車で一本の線を引いてみたいのです。

 

今回のライドは出発地点である葛西臨海公園の下見も兼ねていたわけです(o’ー’o)b

計画が具体的になったら、また記事にしますね~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました