初参戦!第1回秩父美の山チャレンジヒルクライム その2

秩父美の山チャレンジヒルクライム 自転車ライド

前日受付と競技説明会に参加して、ついにイベント当日を迎えました。

今回は、僕が初めて参加したサイクルイベント『第1回秩父美の山チャレンジヒルクライム』についてお話します。

 

スポンサーリンク

そもそも、どんなイベント?

肝心なことを話し忘れてた。

まずは、このヒルクライムイベントの詳細をお話します。

 

定員:200名

参加資格自転車:スポーツタイプのロードバイク、MTB、クロスバイク(電動アシストタイプの自転車は不可)

クラス:

・ジュニアクラス(小学3年生~6年生/中学生)※車種・性別の区分なし

・一般男子(16~29歳/30~39歳/40~49歳/50歳~)※ロードバイク

・一般女子(16~29歳/30~39歳/40歳~)※ロードバイク

・MTB(男子/女子)※MTB・クロスバイク ※年齢制限なし

コース:皆野町役場交差点から美の山公園山頂までの全工程6.8km

表彰:各クラス1~3位まで(参加人数によって変更あり)

参加費:7,000円

 

こんなところかな?

スポエンCYCLEでは、『最大高低差396mでジュニアから初心者向けのショートヒルクライム。初めてヒルクライムをする方にはぴったりです』と紹介されていました。

 

イベントは、ジュニアクラスを先頭にして、クラスごとに10分の間隔を空けてのスタートとなります。

僕が参加するMTBクラスは最後のスタートなので、ジュニアクラスが走り始めてから約1時間後のスタートになるようです。

 

なるほど。

いかに体を冷やさずにベストな状態でスタートできるか、コンディションのピークコントロールが重要なわけか。

戦いは、待ち時間から始まっている!

 

…と、よくわからない知ったかぶりをしながら、当日の朝を迎えました。

 

早く着きすぎた朝は

待ちに待った当日の朝。

9:30からの交通規制が開始されると、駐車場がある”いこいの村ヘリテイジ美の山”までの行き来ができなくなってしまうので、ちょっと早めの9:00には到着。

ちゃちゃっと準備を済ませて、愛車・Bianchi ROMA3でスタート地点の皆野町役場交差点まで美の山を駆け下りました。

 

早めの行動を心がけた結果、ちょっと早すぎたようでスタート地点には交通誘導のスタッフと参加者と思しき人が2~3人いるだけ。

スタートまで1時間くらいあるので無理もない。

ウォーミングアップを兼ねて、通算3回目となる美の山周辺を散策することにしました。

皆野町にかなり詳しくなった気がする。

ちなみに、『のだめカンタービレ』の作者で有名な二ノ宮知子先生は、この皆野町出身なのです。ご存知でしたか?

 

閑話休題。

さ~て、美の山周辺になにがあるかな?調べてみると、すごいものがあるじゃないですか!

和銅遺跡の和銅モニュメント

巨大な貨幣のモニュメント!

そうです。ここ、秩父市黒谷は”日本通貨発祥の地”なのです。

 

和同開珎(わどうかいちん)とは?

西暦708年、武蔵国秩父郡から日本初のニギアカガネ(自然銅)が見つかりました。献上された朝廷はこれを喜び、年号を『和銅』と改元して、日本最初の貨幣『和同開珎』を発行しました。その『和銅』が発掘された秩父市黒谷の和銅山を中心とした一帯が『和銅遺跡』です。

 

懐かしい~!小学生のときかな?教科書に出てきたなぁ。

和銅遺跡の近くには、ニギアカガネがご神体として奉られている聖神社(ひじりじんじゃ)がありました。

和同開珎ゆかりの神社ということで、別名『銭神様』とも呼ばれていて、お金儲けの縁起の神様として、注目されているそうです。

神社のお宝であるご神宝は銅製のムカデ。そう、あの足のたくさんあるムカデ。ゾワゾワ。

なんでムカデ?と思って調べてみたら、お金のことを”御足”とも言うそうで、足のたくさんあるムカデは”お金に困らない”として、縁起のよい生き物らしいです。

 

そんな感じで時間をつぶしていると…もといウォーミングアップをしていると、ジュニアクラスのスタート時間が迫っています。

急いでスタート地点に戻ることにしました。

スポンサーリンク

幕は切って落とされた

戻ってみると、スタート地点はさすがに賑やかになっていました。

わーお、なんか緊張してきた。

秩父美の山チャレンジヒルクライム

そして、いよいよイベント開始!

ジュニアクラスのスタートを皮切りに、10分起きにスタートしていく参加者たち。

秩父美の山チャレンジヒルクライム

ちなみに、スタート地点はこんな感じ。

はじまってみるとあっという間で、MTBクラスの1つ前にスタートする女性クラスが準備を開始したので、僕もウォーミングアップに少し走ることにしました。

 

うぉー!やるぞー!コギコギコギっ!と走っていると、遠くの方でスタッフの人がなにやら叫んでいる。

それどころか小走りで駆け寄ってきている。

嫌な予感がしたので急いで戻ってみると、「想定より参加者が少なかったので、女性クラスとMTBクラスを同時にスタートさせます」とのこと。

なにそれ!早く言ってよ!

確かにMTBクラスと言っても5人しかいないもんな。

 

そして、スタートの合図と共に、MTBクラス、女性クラスが一斉に走り出しました!

1度は試走したものの、「暗くて怖くて大変でした」という感想しか生まれなかった僕にとっては、初めて走る道と同じようなもの。

とりあえず、自分より前を走っている人をターゲットにして、なるべくマイペースでペダルを漕ぐようにしました。

 

言うのは簡単ですが、その”マイペースで走る”というのがとても難しい。

ヒルクライムって結局は自己タイムとの戦いなので、「周りの人は関係ない」と思っていたのですが、前を走る人には追いつきたいし、後ろを走る人には抜かれたくない。

そんな気持ちが僕からマイペースを奪っていきました。

自分ひとりで走るのと、他の参加者たちとレース形式で走るのって全然違うんだなぁ。

アカン、めっちゃしんどい(´;ω;`)

 

そして、”ヒルクライムあるある”だと思っている『自分はなぜこんな辛いことを進んでやっているのだろう』状態に突入。

6.8kmって、こんな長かったのね。

それでも、自転車はペダルを漕がないと走らないし、走らないと終わらない。

自分を奮い立たせて走るのみ!

 

正直走るのに必死で、ペース配分とか、時間とか、どこで誰を抜いて誰に抜かれたかなんて考えている余裕なし。

ある意味では集中できているぞ。

もの凄い心拍数で、心臓バクバクです。ゼーゼーと呼吸をするものの酸素が足りない。

足が疲れた。

『ギアを軽くしようと思ったらすでに1番軽かった』という”ヒルクライムあるある”も体験しながら、緩やかな勾配のところではなるべく足を休める。

 

そして、なんとか6.8kmを走り切り、無事にゴール!

うおー!めっちゃ疲れた!

 

祝・完走!そして次回は…

なんとかゴールすることはできましたが、足はガクガク。自転車を駐輪場に止めて、公園の芝生にダーイブ。

喉がカラカラだったので、ドリンクボトルに入った水を一気飲み。ぷはー。

 

しばらくボケーっと休んでいると、なにやらテントに列ができていました。

どうやら、完走証を発行しているようです。

秩父美の山チャレンジヒルクライム

発行できるパソコンとプリンターが1台しかないようなので、結構な列になっています。

並ぶ気力もなかったし、急いでもなかったのでベンチでまったり。

それにしても、美の山からの景色きれいだなぁ~!

 

そして、列が短くなったところで僕も並び、無事に完走証をゲット!

気になるタイムは31分30秒でした!試走で走ったときは、36分かかっていたので約5分も短縮できました。

これは、自分のクライマーとしての能力が開花!したわけでは一切なく、競って走った方が速くなるということですね。

 

この後は、競技説明会をおこなった会場で表彰式です。表彰式に参加せず、帰ってしまった人もいるみたいですが、大勢の人が会場に集まっていました。

各クラスの1~3位が表彰され、賞品として秩父産の豚肉が贈られていました。

いいなぁ。

MTBクラスは全員で5人しかいなかったのに、他のクラスと同様に1~3位まで表彰台に上らせてもらえるみたい。

あれ?

これ、めっちゃがんばったら、表彰台に上がれるんじゃない?

よっしゃ!次回は表彰台に上って、豚肉ゲットしてやるー!

 

ちなみに、参加者で総合1位の方は19分台。いや、速すぎるでしょ!

驚きと尊敬の念を抱きながら、帰路につきました。

 

おわりに

はじめてのサイクルイベント参加、とても楽しかったです。

走っている最中はやめたくなるほど辛いのに、終わってみると楽しかったというスポーツ自転車特有の達成感、本当にクセになります。

前日の立食パーティーのときや、当日のスタートまでの待ち時間に他の参加者の方とお話する機会もちょくちょくあって、とてもよかったです。

自転車好きの人と話すのは、やっぱり楽しいですね。身近にいないのが残念。

 

とりあえず、『MTBクラスの3位までに入り表彰される』という目標もできました。

第2回イベントで、MTBクラスが存続していれば…の話ですが(´゚ω゚`;)

 

そして、クロスバイクをこよなく愛するにしきですが、若干ロードバイクにも興味が出てきてしまいました。

もっと大勢で一斉に走り出したい。そのためには、ロードバイクのクラスに参加しなければいけませんからね!

 

イベントへの参加を考えている方の背中を後押しできたかな?

今後もサイクルイベントに参加する機会を作って、このブログで報告したいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました