江戸川サイクリングロードで関宿城まで走ってきました【自宅⇒関宿城(千葉県野田市)】

関宿城 自転車ライド

こんにちは、にしきです!

休日には多くのサイクリストでにぎわう江戸川サイクリングロード。近所にあるのに、実は全然走ったことなかったんですよね。

それはもったいない。

そこで、今回は江戸川CRを北上していき、千葉県野田市にある関宿城まで走ってみることにしました!

 

スポンサーリンク

2月のライドは足先が冷える

見上げると2月の寒空が広がる朝7時。”休日のライドは朝イチから”というのが信条なので、にしきの朝は早い。

目的地まで約30kmなので、2時間くらいでたどり着けるはず。関宿城には9時に開館する博物館があるそうなので、見学してみましょう。

それでは、さっそく出発です!

江戸川サイクリングロード

ひゃっほ~い!

空は雲ひとつない快晴。風もあまりなく、絶好のライド日和。ペダルを漕ぐ足にも力が入り、グイグイ加速していきます!

サイクリングロードのように整備されている道は本当に走りやすい。

江戸川サイクリングロード

2月なので寒々しい景色ですが、それでも青い空や江戸川の水面に映る枯れ木には風情を感じることができます。

これはこれで、アリですね。

関宿城までは、江戸川CRをひたすら北上すれば到着するので、道に迷う心配はなく一心不乱にペダルを漕ぐのみ。

江戸川サイクリングロード

1時間くらい走り、あまり代わり映えのしない景色に若干飽きてきたところにレトロな橋が現れたので写真に収めておきました。

 

それにしても、真冬のライドは寒い!寒すぎる!心拍数を上げて体を温めるために、オーバーペース気味にペダルを漕ぎ続けてもまだ寒い!

今回のライドで初体験だったのは、足先の冷えの辛さ。靴を履いているのに、足先が冷えて痛くなるという未知の経験です。

足先を寒さから守るシューズカバーというアイテムがあることは知っていたのですが、「そんなの必要なの?」と半信半疑でした。

しかし、今回のライドで考え方を改めました。足先の防寒大切。靴下を厚手のものにするだけでも、かなり効果がありそうな予感。

体は温まってきても、足先の冷えは改善されない。急いで関宿城に向かわねば!

 

走ること1時間半。

関宿城

ん?なにやら遠くに見えてきたぞ?ズーム、ズーム!

関宿城

おお!そびえたつ関宿城(であろう城)がはっきり見える!

ここまで走れば、もう目と鼻の先。全力ダッシュで向かいましょう!

スポンサーリンク

関宿城と利根川の真実

予定通り約2時間で関宿城に着きました。ひさしぶりに走ると30kmでも体にこたえるなぁ。

とりあえず、変わった形の船があったのでピース(*・∀・*)v

浚渫船・山王号

看板を見てみると、この船は”浚渫船(しゅんせつせん)”といい、川の流れを確保するために、川底に溜まった土砂を取り除く浚渫作業をおこなうための船だそうです。

野田市関宿は利根川と江戸川が分かれているところなので、江戸川の分流地点には土砂が溜まりやすいんですね。

利根川と言えば、以前、茨城県取手市から利根川サイクリングロードをひたすら走り、千葉県銚子市までサイクリングをしたなぁ!懐かしい。

 

さて、それでは関宿城を拝みに行きましょうか!

関宿城

でで~ん!なんとも立派なお城ではないですか!青空とよくマッチしています。

関宿城

正面にまわってみると博物館への入口がありましたが、開館時間までまだ少し時間があったので自動販売機でアイスを買って、食べながら待っています。

疲れた体に甘いアイスが染み渡る。うーん、真冬に外で食べるアイスも悪くない。寒いけど。

 

アイスを食べ終わるころには開館時間を迎えていたので、暖を取る意味も込めて関宿城博物館を見学してみました。

ちなみに入館料は大人200円。リーズナブルじゃないですか。

もらった冊子によると、展示テーマは『河川とそれにかかわる産業』で、利根川流域に生きる人々の生活の歴史をわかりやすく紹介しているそうです。

展示室には、昔から現在までの利根川、江戸川の洪水と治水の歴史が展示されていました。川沿いに住む人々にとって、水との戦いは切り離せないものなんですね。

 

なかでも特に驚いたのが、『利根川の東遷(とうせん)』のお話です。

現在の利根川って、千葉県銚子市を越えて太平洋まで流れているじゃないですか?でも、本来の利根川って江戸湾(現在の東京湾)に流れ注いでいたそうなんです。

 

しかし江戸時代、江戸を利根川の水害から守るために、人間の手で新しく河道を掘削して河川を付け替える瀬替えという作業をおこなって、60年かけて少しずつ東に移したそうです。

 

…はい?

利根川サイクリングロードで銚子市まで走ったけど、あの雄大な利根川は人間の手によって作られた流路なの?

利根川

これが、その利根川です。

マジで?!いやぁ、すごすぎるでしょ!ふらりと訪れた関宿城の博物館で、こんなにも感動するとは思いもしなかった。

この感動も、利根川を眺めながら数時間かけて銚子市まで走った体験があってこそですね。いろいろな土地を走ると、いろいろな部分で繋がりが生まれてきておもしろい。

 

展示室を一通り見終わると、天守閣部分に位置する展望室まで上がり、関東平野を一望。茨城県の筑波山、栃木県の男体山、群馬県の赤城山、そして日本の象徴である富士山をいっぺんに見ることができました。

2月ということもあり、空気が澄んでいて遠くの山々がはっきり見えます。うーむ、これは贅沢。写真を撮り忘れたのは残念だけど、肉眼で見て脳裏に焼き付けてあります。

 

関宿城と博物館を十分に堪能したので、本日はここまで。帰路につくことにしました。

 

帰路、思うこと

帰る前に関宿城の周りをぐるっと走ってみると、千葉県と茨城県の県境を発見!

野田市関宿(千葉県と茨城県の県境)

県境に立ったときに得られる謎の高揚感。こういうの大好き。

 

帰り道は、走ってきた江戸川CRをそのまま戻ります。ルートを変えてもよかったんですが、久しぶりのライドで足がつりそうだったので安全をとりました。

時刻は午前10時。関宿城での滞在は約1時間でしたね。この時間になると日も高くなり、だいぶ暖かくなりました。朝のように足先が冷えることもなかったので一安心。

江戸川の土手で山菜を採っているおじいさん、おばあさんを横目に見ながら、ゆっくりとペダルを漕いで帰りました。

 

今回のライドで思ったことは2点。

まず1点目!当たり前の話なんですけど、冬は寒いということ。゚(ノ∀`)゚。

快適にライドするためには、防寒は大切だと思い知りました。

ただ、シューズカバーを買う必要はあるか?と聞かれたら、まだまだ懐疑的です。喉元過ぎれば熱さを忘れる…じゃないですが、今日くらいなら我慢できると思ってしまいます。

 

でも、冬にダウンヒルを走るのであれば、ないと厳しいかもしれない。11月に走った美の山のダウンヒルですら、体温を根こそぎもっていかれる極寒でしたからね。

そして、年末年始の長期休暇には12月でも暖かい沖縄県を走るのもいいんじゃないかな?と思い始めました。本島一周、石垣島一周、どちらも魅力的。

 

そして2点目!以前から話しているかもしれませんが、自転車で走っていると、その土地のことを深く知れておもしろいということ。

”知れて”というか、興味が出てきて”知ろうとする”ようになるという感じです。せっかく走ったんだから、なにかしらの知識を得ないともったいない!という貧乏性が働いているのかもしれませんが(;´゚∀゚`)

 

江戸川CRの北上は制覇したので、次回のライドでは南下した先にある葛西臨海公園をめざして走りたいと思います!

それでは、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました