クロスバイクで御朱印をもらおう【流山七福神】

にしき 自転車ライド

初ライドの興奮が冷めないうちに、2回目のライドとして千葉県流山市の七福神巡りを企画しました!

七福神を祀る7か所の寺社を参拝して御朱印をもらう、御朱印サイクリングです。

 

走行距離はトータルで約25km。

初ライドで30km走った僕にとっては余裕な道のり!…のはずでした。

 

先に書いたおきますが、流山七福神を巡る御朱印サイクリングは挫折に終わります…。

 

スポンサーリンク

都会と田舎の違い

まず、1か所目。

自宅から約5kmのところにある福性寺。ここは毘沙門天を祀っているお寺です。

天気にも恵まれ、意気揚々と自転車にまたがる僕。

まだ2回目のライドなので若干緊張しつつ、ゆっくりペダルを漕ぎだします。

 

うーん、なるほど。

田舎道は田舎道で、都会とはまた違った怖さがありますね。

 

まずは、路面がボコボコと荒れていて、とても走りにくい。

ハンドルを取られそうになりますし、なにより体に伝わる振動がすごい!

 

そして、車道を走る車との距離がめちゃくちゃ近い。しかも、結構なスピードを出している。

歩道に緊急避難したくても、そもそも歩道がない。あっても、自転車では走れないほど狭い。

これが田舎道の洗礼か!

 

都会の道は、整備されていて走りやすい。

それに道幅も広く、車道を走っていても、そこまで車と接近することはない。

思い返してみれば、都会の方が走りやすかったかもですね。

 

スポンサーリンク

”車道を走るのがルール”とは言いつつも…

車と道路状況にビビリながらも、ゆっくりと安全運転していると、少しずつ慣れてきました。

 

それにしても、車道を走るのって神経使いますね。

道路状況に気を使わなければいけないし、車との距離が近くて怖いというのもあります。

反対車線まで大きく避けていく車を見ると、「あぁ、なんか申し訳ありません」という弱気な気持ちになります。

それでも、「いや、自転車は車道を走るのがルールなんだ!」と自分を奮い立たせ、ペダルを漕ぎました。

 

僕の場合、車道を走るのがルールと言いつつも『自転車走行可』の標識がある歩道があったら、そちらを優先して走っていましたね。

慣れないうちは無理せず、ということで(´Д`ι)

 

福性寺到着!…しかし!?

なんとか福性寺に到着。

大きな鐘に迎えられながら、参道を通り毘沙門天像へ。

思いのほか小さかったですが、その出で立ちはなんとも立派なものです。

 

ちなみに毘沙門天とは、七福神の中で唯一の武神で甲冑を身にまとい、矛と宝塔を持ち、邪鬼を踏みつけている姿をしています。

あとで調べたのですが、毘沙門天は知恵と勇気の守り神だそうです。

これからクロスバイクに乗って、あちこちを駆けまわるであろう僕にもご利益がありそう。

 

参拝が済んだので、御朱印をもらおうと思ってあたりを見回すと、御朱印をもらえそうなところが見当たりません。

ある程度の規模の寺社だと『御朱印』の張り紙がある受付のようなところがあるはずなのですが、影も形もない。

インターネットで流山七福神に御朱印があることは調査済みだったのですが…。

 

一軒だけ、ぽつんと事務所なんだかお家なんだかという建物があったので、本来はそこを訪ねて聞いてみるべきだったのですが、どうしても一歩が踏み出せない。

うぅ、毘沙門天さまから知恵と勇気を授かったというのに…。

 

出直すも勇気!今日のまとめ

自転車に続いて、御朱印集めに関しても初心者だった僕にはハードルが高すぎです。

結局、10分くらいウロウロして(完全に不審者)、帰路につきました。

毘沙門天さまも、「出直すも勇気。また会えるのを楽しみにしているぞ」と言ってくれているような気がしました。

 

自転車の話というより、御朱印の話がメインになってしまいましたね。

最後、無理やり自転車の話にもっていくと、「道によって走りやすさって全然違うんだなぁ」ということ学びました。

 

初ライドは都内&サイクリングロードだったので、田舎道は初めての経験。

クロスバイクなどのスポーツ自転車は、道路の状況がモロに乗り手に伝わってくるんですね。

とても、いい経験になりました。

 

ちなみに、帰り道は慣れたもので、スイスイと走って帰ってこれました。

何事も慣れということも、改めて感じたところです。

 

そして、自転車と”なにかもう1つ”を掛け合わせると、さらにおもしろいぞ!ということを実感できました。

もちろん、自転車単体でも十分おもしろいんですが、色々な可能性が広がっています!

 

御朱印集めに関しては今回は不発でしたが、また必ずリベンジしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました