塗装にチャレンジ!フレームに傷がついたときの対処法

ROMA3の傷を塗装中 役立ち情報・体験談

ついにやらかしてしまいました!

以前おこなった関東最東端ライドでの出来事です。銚子市からの帰り道、不注意でクロスバイクを倒してしまいました。

関東最東端の銚子市まで走ってきました(その1)【茨城県取手市⇒千葉県銚子市】
前回、茨城県つくば市から水戸市まで一緒にサイクリングをした知人とまたまたクロスバイクで一泊旅行を計画しました。 今回の目的地は、関東最東端である『犬吠埼灯台』がある千葉県銚子市です。 「関東最東端に行こう!」 とい...

 

幸い傷は浅いのですが、大切に乗っていたのでショックを隠し切れません。

しかし、過ぎたことでくよくよ悩んでいても仕方ない!今回は初心者ながらに、フレーム傷の塗装にチャレンジしてみました。

 

スポンサーリンク

愛車・Bianchi ROMA3に傷が…

関東最東端ライドでの帰り道、利根川サイクリングロードの脇で休憩していたときのこと。

いつものようにキックスタンドでクロスバイクを自立させていたのですが、安定性に欠ける柔らかい芝生に止めていたため、強風の煽りを受けた拍子に倒れてしまいました。

倒れた先も芝生だったらまだよかったのですが、あいにく硬いアスファルトの上。

 

不幸中の幸いなのか、左側から倒れたのでギア周辺には影響がなかったのですが、フレームに小さい傷を作ってしまいました。

ヘロヘロに疲れていたとはいえ完全に不注意でした。悔やまれます。

 

これが、そのときの傷です。

Bianchi ROMA3の傷

わかりますか?写真だと確認しにくいですが、茶色ぽくなっているところ。

めちゃくちゃ小さい傷ですが、はじめての傷は気にしてしまうものです。

 

スポンサーリンク

Let’s 塗装!

塗装が剥げているままにして、そこから錆びたり、なにかしらの不具合が生じても嫌なので、塗装してみることにしました。

何事も経験ですよね。

 

今回使う塗料はこちらです。

Bianchi純正チェレステカラー塗料

ででん!

クロスバイク購入時に店員さんから、「傷ができたらお使いください」と渡された、Bianchi純正のチェレステカラー塗料です。

小瓶に少量入っています。まさか、こんなにも早く使うことになるとは…!

 

とりあえず、小瓶を開けてみるか。そして、いきなりアクシデント。

フタの裏側に付いていた刷毛の毛先が、あさっての方向に割れてひん曲がっているではないか!これではきれいに塗れないぞ?

幸先が悪いことに一抹の不安を感じつつも、家にあった筆で代用。

 

完全に自己流ですが、とりあえず傷の周辺にマスキングテープを貼って、傷口に塗料を刷り込みます。ぬりぬり。

ROMA3の傷を塗装中

なるべく筆ムラができないように工夫しつつ、塗装完了。どうだろう?

さすが純正のチェレステカラーなだけあって、フレームとの色の差はほぼないように感じます。はじめてにしては割とうまく塗れたかな?

 

丸1日ほど放置させましたが、完全には乾燥していなそうだったので、さらに放置。2~3日経ってのでそろそろいいだろう。

マスキングテープを剥がしてみます。出来栄えはいかに!?

ROMA3の傷を塗装

これまた写真が暗くて申し訳ないのですが、塗ったところはやはり目立ちますね。

色味はいい感じだと思うのですが、妙に厚ぼったい。筆ムラを気にして数回ぬりぬりしてしまったので、その分だけ厚くなってしまったみたいです。

 

爪楊枝なんかの尖ったもので、傷になっている部分にピンポイントでチョンチョンと塗った方がよかったかもしれない。

ま、いっか!

錆び防止のために塗ったんだし、多少は不格好でも良しとしましょう!

 

教訓は次に活かそう

大切にしている自転車に傷がつくのは、本当にヘコみますよね。

それと同時に、外を走る乗り物なんだし、小さい傷のひとつやふたつで過剰に反応していても仕方ないとも思いました。

なるべく傷がつかないように、大切に乗ることは当然なんですけどね!

 

『キックスタンドで自立させるときは、安定した場所で!』

この言葉を今回の教訓にして、これからの自転車ライフに活かしていきたいと思います。

 

それから3か月後…

さて、塗装にチャレンジしてから3か月後の状況をお見せいたしましょう!

塗装から2か月後

苦労しておこなった塗装が剥げて、傷が丸見えになってるー!

雨天ライドで風雨にさらされたり、汚れたフレームをガシガシ拭き掃除したから、そのときに剥がれちゃったのかな?

 

まぁ、こんなもんですよ!

再塗装はあえてしませんでした。この傷も、そして塗った塗料が剥がれたという事実も、今となってはいい思い出だからです。

 

おわりに

愛車に傷ができて、塗装して、そして3か月後の状況までお話ししました。

いかがだったでしょうか?

拙い素人塗装なので、”塗装”をするための参考にはならないかもしれませんが、初心者の悪戦苦闘を楽しんでいただければと思います。

 

この傷を作ってから3か月の間に、『輪行』をおこなうようになったので傷に対するメンタル耐性は格段に向上しました。

輪行をするなら、ある程度の傷は覚悟しなければいけませんからね。

 

それでも、やはり大切な自転車は常にベストの状態を保ちたい!そのような人は、極力傷がつかないように日ごろから工夫する必要があると思います。

 

~自転車を傷から守る方法はこちら~

ロードバイクを傷から守る方法!バリアスコートと表面保護テープ
僕の愛車である『Bianchi Oltre(オルトレ)XR3』は、フレームカラーがマットブラックの渋くてカッコいいロードバイクです。 乗り心地もいいし非の打ちどころがない!と言いたいところですが、とにかく傷がつきやすいという欠点もあり...

 

傷を恐れて消極的にならないように!楽しく、元気にペダルを回していきましょう~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました