本州最北端をめざして!超ロングライドの自転車旅に出かけよう(1日目)【千葉県⇒栃木県那須塩原市】

栃木県大田原市の国道4号沿い 自転車ライド

本州最北端・青森県の大間崎をめざす自転車旅。

10日以上前から天気を気にしていましたが、出発日は朝まで雨が降り続いているという予報でした。

まさかの雨ですが、昨年のゴールデンウィークでは暴風雨の中を旅立ったという経験もあるので、それに比べたらマシでしょう。

 

せめてもの抵抗として、心の中に”てるてる坊主”を100個くらいぶら下げながら、当日の朝を迎えました。

 

~準備編はこちら~

本州最北端をめざして!超ロングライドの自転車旅に出かけよう(準備編)
2019年、平成最後のゴールデンウィークはなんと10連休。 そしてそれは、そのまま令和最初のライドとなる。 これは、超ロングライドの自転車旅に出かけるしかないでしょう! そんなわけで、ずいぶん前から着々と準備を進め...

 

スポンサーリンク

本州最北端まで894km、最初の一歩

6時の出発に備えて、少し早めの5時に起床。

カーテンを開けると、どんよりとした曇り空から雨粒がパラパラ。てるてる坊主の効果もなく

予報通りの雨模様。横着して心の中で留めたのが敗因か…。

嘆いていても仕方ない!天気予報では7時頃から雨が上がるようなので、それを信じて出発を遅らせることにしました。

 

待つこと1時間。徐々に雨脚は弱まっていき、そしてついに…止んだ!

時刻は7時30分、出発のときです。

 

軽くストレッチをしてから、SPD-SLシューズを履き、BOAダイヤルを回してワイヤーを締め上げます。回して、回して…ん?全然締まらんぞ?

見てみると、そこにあるはずのワイヤーがない。あれ!?どうなってるのこれ!

僕のSPD-SLシューズは2ダイヤル式なのですが、履いたり脱いだりするときのメインとなる方のワイヤーが見当たらない。

ベルトはベロンベロンと垂れ下がり、ダイヤルはむなしく空転するだけ。切れたのか?

 

ただでさえ出発時間を伸ばしたんだ。どんな理由があろうと、これ以上遅らせるのは得策ではない。シューズは道中、どこか適当な自転車屋に寄ってどうにかしよう。

そう判断して、ロードバイクにまたがり出発!本州最北端への最初の一歩を漕ぎ出しました。

 

遅れを取り戻すために、江戸川サイクリングロードを疾走。

雨上がりの江戸川サイクリングロード

灰色の雲が空を覆っています。路面は濡れていますが、とりあえず雨が上がってよかった!

SPD-SLシューズも、足がすっぽ抜けることはなさそう。

 

そして、1時間半ほどかけて関宿城に到着。なんだか最近よく見るね。

休憩しながら、「やっぱりおかしい!」とシューズをよくよく見てみると、ベルトが締まらない原因がわかりました。

BOAダイヤルから伸びているワイヤーは先端が輪っかになっていて、ベルトの先にあるフックに引っかかっているのが正常な状態なんです。

その輪っかがフックから外れていた!これが原因でした。

その状態でダイヤルをグルグル回してしまったもんだから、ワイヤーがすべて巻き取られ、なくなったように見えたのです。

これなら修復可能!

ワイヤーをダイヤルから引っ張り出して、フックに引っ掛ける。シューズ完全復活です。

 

自転車屋に立ち寄る必要がなくなってよかった。いったいどれだけのタイムロスになるかわかりませんからね。

すっきりしたところで、関宿城を出発です。

 

スポンサーリンク

国道4号を忘れて右往左往

利根川を越えて茨城県に入り、そのまま県道17号を走ります。狭いし路面状態もよくない道ですが、とりあえず国道4号にぶつかるまでは直進。

県道17号をサイクリング

おお!雲の間から青空が見えてきました。もう雨の心配は必要ないかな?気温も高くなってきたし、念のため着ていたレインウェアを脱いでおこう。

僕は、モンベルの『スーパーストレッチ サイクルレインジャケット』という商品を愛用しているのですが、フレッシュグリーンという蛍光に近い黄緑色なんですよね。

これを着ていると、なぜかよく犬に吠えられるんです。目立つ色だから?それとも、僕の気のせいですか?同じ経験がある人、絶対にいると思うんだけどなぁ。

このときも、脱ごうとして自転車を止めたら500mくらい離れている犬に凄い勢いで吠えられた。なんだか悲しい気持ちになりますね…。

 

走っていると、国道4号に架かる田間の歩道橋にぶつかりました。

国道4号の田間の歩道橋

場所は栃木県小山市。時刻は10時40分と、出発してからあっという間に3時間以上経っています。

さて、自分で国道4号を走ると計画したくせにすっかり忘れて突っ切ってしまいました。そして、大幅な遠回りをする羽目に。

ガーミンコネクトのマップ

iPhoneのスクリーンショットで申し訳ないですがこんな感じ。国道4号のことは忘れても、北上しようと一生懸命走っています。

我ながら、無計画さがヒシヒシと伝わってくる!

 

写真に収めたいと思う景色にも出会えず、黙々とペダルを漕ぎ続けること2時間。

栃木県河内郡上三川町の十字路

なにやら雲行きが怪しくなってきた。降らないでくれよ~!

 

栃木の田舎道を走っていると、久しぶりに大きな道路に出ました。国道121号です。

桑島大橋から見た鬼怒川

鬼怒川に架かる桑島大橋でパシャリと撮影。曇っていますが、はるか先にほんの少し青空が見えています。あっちは那須塩原?だったら嬉しい!

 

橋を渡り切ると、サイクリングロードらしき道を発見。

「鬼怒川沿いに走っていれば、那須塩原に着くんじゃない?」くらいの軽いノリで進路を決定。交通量の多い大通りよりも快適に走れそうですしね。

鬼怒川沿いのサイクリングロード

昼間と思えないほどの暗さ。左は竹藪、右は田んぼという既視感のある光景。ここら辺のサイクリングロード定番の組み合わせなのでしょう。

 

気合いを入れてペダルを漕ぎはじめようとしたとき、『ポツ…ポツ…』と顔にあたる嫌な感触。ここにきて、まさかの雨か!?

濡れて体温を奪われるのを避けたかったので、早々にレインウェアを装備。しかし結局は少しパラついただけで、本降りにはなりませんでした。

 

そして、このサイクリングロードもあまり長く続いておらず、自然と国道408号に合流する形になりました。

国道408号、那須塩原までの交通案内

時刻は14時、出発から約6時間半が経過。約100kmの道のりを走ったところで、ついに案内看板に『那須塩原』の文字が現れました!

 

誤算を飲み込んで那須塩原へ

案内看板に目的地の地名が現れるとテンション上がるのは、自転車旅あるあるですよね?

さて、ここら辺で初日の走行計画を振り返ってみよう。

自宅から那須塩原市までGoogleマップ調べで約130km!ここまで100km走ったから、残りたったの30km?楽勝でしょう!

 

…と、普段の僕ならテンションMAXで走っているのですが、そう簡単にはたどり着かせてくれないようです。

 

誤算その1:長くなる走行距離

Googleマップを立ち上げて、那須塩原の宿までの正確な距離を調べてみると残り45kmと表示されました。

国道4号を走るということをわすれて、無計画…いや、自由気ままに走っていたら、結構遠回りしていたみたいです。

 

誤算その2:痛むアキレス腱

痛いんです。…アキレス腱が。しかも、両足。

日光市まで走ったときに痛めたアキレス腱ですが、一週間くらいで痛みがなくなったので完治したと思っていました。

しかし、どうやらぶり返してしまったようです。

実はライド前半ですでにアキレス腱に異変を感じていたのですが、「大丈夫。大丈夫でなくちゃいけないんだ…!」と、自分を鼓舞し、誤魔化しながら走っていました。

 

走行距離は長くなるし、アキレス腱の痛みは徐々に強くなってきているけど、それでも立ち止まるわけにはいかない。

本州最北端まで走ると大見え切った、まだその初日にすぎない。すべての誤算を飲み込んで、那須塩原まで走るのみ!

 

自分自身に活を入れて健気にペダルを漕ぎますが、国道408号は無情だった。前方には交通量が多い上に、路側帯という安全地帯もない道路。しかも、上り坂になっている。

「これを、この足で上るのか?」

心が折れてしまうと、おのずと走る道も折れてしまうものです。

ガーミンコネクトのマップ

目の前に迫る上り坂から逃げるために、急遽右折して畑の中を走ります。道に迷いつつも右往左往して、なんとか念願の国道4号に合流することができました。

安全な道を走った分、遠回りをしてしまい、さらには結構な上り坂までありました。急がば回れというやつか?

アキレス腱の痛みが強くなり、それに加えて左足の膝も痛くなってきた。

 

国道4号と感動の対面。忘れていてごめんよ。

栃木県さくら市の国道4号沿い

本来なら車道を走りたいところですが、体の調子を考慮して、無理せず歩道を走ります。幸いなことに歩行者はほとんどいないので、走りやすい。

 

国道4号を走り、栃木県さくら市に入ると、強い向かい風の洗礼を受けます。ペダルを漕いでも漕いでも、全然前に進まねー!

栃木県さくら市の国道4号沿い

しかし、その強風のおかげで空を覆っていた雲は吹き飛んでいきました!きれいな青空。

栃木県矢板市の国道4号沿い

これこれ!こういう景色が見たかったんですよ。

栃木県矢板市から見る荒川

荒川に太陽光がキラキラと反射してきれいですね。

今日は曇ってた上に、大通りではなく比較的細い道、奥まった道を走っていたので、「いい景色!」に出会えていなかった。

国道4号沿いで、はじめて心癒される自然の中を走ることができた気がします。

 

しばらく走っていると、大田原市野崎あたりで国道4号が二股に分かれていました。左が4号、右に行くと国道461号になるようです。栃木県大田原市、国道4号の分岐点

この階段を行かねばならんのか…。

自転車を押して階段を上ろうとすると、アキレス腱に激痛。SPD-SLシューズで歩きにくいというのもあるが、この程度の階段でも険しい山道に感じます。

順調に悪化してるな、アキレス腱。不安しかない!

栃木県大田原市の国道4号沿い

辛い思いをして階段を上り切った先に、ご褒美が用意されていました。旅の醍醐味だね。

 

時刻は17時30分、出発から10時間が過ぎようとしています。那須塩原までもう一息のところで、最後の休憩を取ることにしました。

栃木県大田原市のファミリーマート

地面にへたり込んで、アイスを食べます。めっちゃうまい。糖分が疲れた体に染みわたる。

 

アイスパワーでエネルギーを回復。そして、ついに来た!

国道4号沿い、那須塩原市の案内看板

那須塩原市に突入しました!

宿泊先まで残りどのくらいだろう?調べてみると約9km!この最後の一桁がキツいんだよなー!

 

日が暮れはじめているのでなるべく急ぎたいところですが、こういうときこそ安全運転を心がけます。

 

あと8km…7km…。懸命にペダルを回します。ジリジリと近づいてくる宿。ガーミンを見る回数が増えていきます。

人気のない高速道路の沿道を走っていると、”もう少しで到着”という安心感、解放感から思わず、「もうちょっとだ!」「よっしゃー!」と控えめに叫んでいました。

 

そして、時刻は18時30分。満身創痍になりながらも、無事に本日の宿に到着しました!

ピラミッド元氣温泉

…って、なんじゃこりゃあ!

 

初日148kmをなんとか完走

栃木県からエジプトに瞬間移動してしまったのか?とお思いの方、安心してください。

ここ『ピラミッド元氣温泉』は、かなりパンチが効いていますが、那須塩原にある総合宿泊施設です。

フラフラになりながら施設に入ると、親切そうなお爺さんが出迎えてくれました。この人がピラミッドのご主人か?

 

施設の説明を一通り聞き終わったところで、事前に自転車で来る旨を伝え忘れていたことに気付きました。

自転車を部屋の中に入れたいとお願いすると、「それは無理だがいい場所があるよ」と案内されたのは、入口の近くでしっかり屋根のあるところ。

ロードバイクを外に止めるのは抵抗がありますが、事前に確認していなかったのはこちらの落ち度。仕方ありませんね!

柱にしっかり地球ロック。さらに、放置されていたボロボロのテーブルとイスを自転車の前に移動させてもらい、完全防御の布陣を敷きます。

うむ、これでよし。

入口からも近いし、盗んでいく人もいないだろう。朝起きたらロードバイクがなくなっていて旅終了…とか本当にシャレになりませんからね!

 

自転車旅の楽しみのひとつ、”宿でのまったりタイム”を過ごす前に、やるべきことを済ませちゃいます。

夕ご飯、洗濯、お風呂ですね。

施設のお爺さんに、「近所に飲食店はありますか?」と聞くと、「飲食店は近くにない。2kmくらい離れたところにコンビニならあるよ」との回答。

満身創痍のこの状況で、あんまり遠くに行きたくない。今日はコンビニ飯で我慢するか…。幸いなことにコインランドリーは施設内にあったので助かった。

 

なにをどうするか悩んでいると、見かねたお爺さんが、「合理的な方法を教えてあげよう」とアドバイスをしてくらました。

お爺さん「まず君は洗濯機を回して、その間にコンビニに行って夕ご飯を済ませなさい。選択が終わったら乾燥機に入れて、その間にお風呂に入りなさい。お風呂から出るころには洗濯物は乾いている。いちばん合理的なプランだよ」

…と、めちゃくちゃ具体的に提案してくれました。なんという合理的なお爺さん。ありがとう!その通りにします。

 

そういうわけで、まずはコインランドリーで洗濯機を回す。その間に、ロードバイクにまたがって、コンビニに向かいます。

着ていた服は洗濯中なので、寝巻き用のTシャツとハーフパンツというサマーな出で立ち。この恰好だと、4月下旬の那須塩原はめちゃくちゃ寒いぞ!風が冷たい。

ここではじめて、「これからもっと北に行くのに、この装備で大丈夫か?」と不安になります。しかし、なにかあったら防寒具でも買えばいいでしょう。気にしな~い。

 

それにしても、再び自転車に乗ると体のあちこちを痛めているのがよくわかる。両方のアキレス腱、左足の膝、そしてお尻。

パット付インナーパンツを履いていないとはいえ、サドルに腰を下ろすとお尻に激痛。まともに走れない。

コンビニまでたった2kmの道のりでしたが、結構大変でした。明日からが不安。

 

夕ご飯はコンビニ飯ですが、お腹が減っているとなんでも美味い。そして、飲むまいと決めていた缶チューハイにも気が付けば手を伸ばしていました。

 

食事を済ませると、少し落ち着きました。洗濯が終わったようなので乾燥機に移して、お金を入れます…が、動かない。故障かな?

再びお爺さんに聞いてみると、どうやら故障している乾燥機だったようです。

お爺さん「いくら入れたの?」

「300円入れたんですけど、動かなくって」

お爺さん「300円も入れたのか!200円で十分に乾くんだよ。はい、200円」

「…ありがとう…ございます(あんれー!?お爺さん!100円足りないよー!?)」

心の中では叫びましたが、一連の流れがおもしろかったので指摘しないでおきました。さすが合理的なお爺さんだぜ。

 

乾燥機を回している間に温泉に入ります。なかなかいい温泉だ。

ちなみに、『ピラミッド元氣温泉』という謎な宿泊施設。ピラミッドにどんな意味があるのか?風呂上りに勇気を出してお爺さんに聞いてみました。

お爺さん「ピラミッドは宇宙からのパワーを受信するパラボラアンテナなんだ」

なるほど。わかったような、わからないような。とにかく凄いパワーを受信している温泉施設ということですね。

 

ピラミッドを模しているのか、黄金の壁紙で四方を囲まれた部屋でまったりしつつも、明日のことを考えます。

今日よりも間違いなく走行距離は伸びる。それなのに、満身創痍なこの状況。…行けるか?

焼け石に水かもしれませんが、入念にマッサージをおこないます。唯一の希望は、白石市まで下り基調だということ。とりあえず、行けるところまで行くしかありません。

 

明日はどんな旅が待ち受けているのだろうか?2日目に続く!

 

【本日のライドデータ】

走行距離 148.41km
所要時間 10時間42分

走行時間 9時間38分(-1時間4分)

コメント

  1. なまこ より:

    ピラミッド宿とお爺さんのキャラで全部持っていかれた感ですがw

    怪我したり故障を抱えることになるのが心配でハラハラしながら読んでましたが、これもう初日からリタイアライン踏み越えてますよ!? アキレス腱とか怖すぎでしょう。同行してたら何としてでも説き伏せて連れ帰ったんですが…

    続きが楽しみというより怖くなってきました;;
    途中リタイアでもいいから、どうか無事に戻ってくる結末でありますように!

    • にしき より:

      ご心配をおかけしてしまい、申し訳ありません(ー ー;)
      振り返ると自分でも無茶な計画を立てたな…と改めて思います。楽しいはずのサイクリングで怪我でもしたら、目も当てられないですからね。
      ただ自分の限界に挑戦できたし、とてもいい経験になったと思います!
      まぁまぁ、怖がらずに読んでくださいな(^ ^)

タイトルとURLをコピーしました