クロスバイクを買いました!初心者が歩んだ納車までの道のり

Bianchi ROMA3 役立ち情報・体験談

スポーツ自転車に興味を持ったので、その中でも比較的カジュアルに楽しめそうなクロスバイクの購入を決意したわけですが、なにせ初心者なので良し悪しがまったくわかりません

そんな僕が、どのようにしてクロスバイクを選定して、購入に至ったのかをお話しします。

 

購入を考えている人、クロスバイク選びに悩んでいる人の参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク

本当にクロスバイクでいいの?

購入に向けてインターネットで情報を集めていると、このような言葉が目に入ってきました。

『クロスバイクに乗ると、すぐにロードバイクが欲しくなる』

経験者からすると、「どうせすぐにロードバイクに乗りたくなるんだから最初からロードバイクを買っておけ!」ということなのでしょう。

 

そう言われると、本当にクロスバイクでいいのか悩みはじめたので、改めて考えてみました。

●ロードバイクはスポーツに特化していて、敷居が高いというイメージがある。
●長距離を走るロングライドよりも、近場でのサイクリングを想定していた。
●クロスバイクに比べて、ロードバイクは高価である。

このような理由から、スポーティな乗り方と街乗りを両方楽しめて、比較的安価で購入できるクロスバイクに乗ることに決めました。

 

自分がスポーツ自転車に求めているものはなにか?どのように楽しんでいきたいのか?そういう部分を考えていくと、買うべきものが見えてきますね。

もしもロードバイクが欲しくなったら、それはそれで考えましょう!

 

百聞は一見に如かず!お店に行こう

じゃあ、どこのメーカーのどんなクロスバイクを買おうか?ふたたび活躍するインターネット。

自分なりに調べてみましたが、違いがわかりません。良し悪しなんて、もっとわかりません。

このメーカーのロゴ、カッコいいな!

このクロスバイクの形、自分の好みだ!

そんな風に思うくらいです。

 

画面越しに調べていてもよくわからないので、とりあえず自転車屋に行って実物を見てみよう

こういうとき悩みすぎると最初の一歩を踏み出しにくくなっちゃうんですよね。なので、あまり深く考えずに行動してみることにします。

 

向かった先は、日本最大級のスポーツ自転車専門店『Y’sRord(ワイズロード)渋谷店』です。

店内に入ると、たくさんの自転車が所狭しと並んでいました。天井からぶら下がっている自転車もあり、「こうやって保管しているのか」と圧倒されます。

 

自転車の性能はお店の人に聞くとして、初心者目線で自転車を選ぶ基準はズバリ『見た目』『金額』の2点です。

いくら高性能の自転車でも、「カッコいい!」と思える自転車でなければ愛着を持って乗り続けるのは難しいと思います。金額は言わずもがなですね。

 

そんなことを考えながら自転車を見ていると、僕の相棒となるクロスバイクを早くも見つけました!

それが『Bianchi(ビアンキ)ROMA3』だったのです。

Bianchi ROMA3

納車直後のBianchi(ビアンキ)ROMA3。参考に載せておきます。

スポンサーリンク

一目惚れってあるんですね

これがいい!これしかない!

そう思えるクロスバイクに、こんなにすぐに出会えるなんて思ってもみなかった。まさに一目惚れ!

あまり考えすぎても深みにはまってしまうので、ここは自分の直感を信じよう

 

フレームカラーは光沢のないマットタイプのチェレステカラーで、鮮やかな色の中にも渋みがあってカッコいい。

形状も丸みがある感じではなく、まっすぐで、一本筋が通っているよう。なんというか、クロスバイクらしいクロスバイクだと思いました。

 

これしかない!と思い、値段を見てみるとなんと8万円越え

クロスバイク購入の予算は5万円くらいを想定していたので、そこから3万円オーバーは正直なところ厳しい。8万円の買い物なんて、そうそうしませんし・・・。

 

今日は買わないで、家に帰ってからじっくり考えようかな?なんていう考えが一瞬頭をよぎりましたが、ここで勢いに乗らないと結局は買わずに終わってしまいそうだ

自分を奮い立たせて、購入を決定!

振り返ると、ここで弱気に打ち勝った自分を褒めてあげたいです。

 

そして購入!納車は?

店員さんに、「このクロスバイクください!」と告げると、フレームサイズが体に合っているか確認してくれました。

そして、運よくピッタリのサイズがありました。ますます運命を感じます。

 

店員さんによると、翌日以降だったらいつでも納車可能とのこと。そこで僕は、「今度の土曜日に引き取りに来て、そのまま乗って帰ります」と宣言しました。

クロスバイクが納車されたら、自宅まで乗って帰るということは決めていたことです。車で引き取りにいくなんて言語道断!

大都会、東京都渋谷区から自宅までクロスバイクに乗って無事に帰還する。これが、初心者クロスバイク乗りとしての最初の試練に掲げたのです

ビビリなので半分強制的に走らないと、はじめる前から恐怖心や苦手意識を持ってしまいそうだったので、そう決めました。

 

次回は、納車されたクロスバイクでの初サイクリングでの体験談をお話ししていきます!渋谷区から自宅までは約30kmです。

そんな長い距離を、果たして自転車1台で走破できるのだろうか?お楽しみに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました