クロスバイクを買いました!初心者が歩んだ納車までの道のり

Bianchi ROMA3 役立ち情報・体験談

こんにちは、にしきです!

 

クロスバイクの購入を決意したわけですが、なにせ初心者なので、良し悪しがまったくわかりません。

そんな僕が、どのようにしてクロスバイクを選び、購入に至ったのかをお話しします。

クロスバイクに興味を持っていて、購入を考えている人の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

本当にクロスバイクでいいの?

クロスバイクを購入するためにインターネットで情報を集めていると、このような言葉が目に入ってきました。

『クロスバイクに乗ると、すぐにロードバイクが欲しくなる』

これは、クロスバイクに乗っている知人も言っていたので、信憑性のある言葉のようです。

 

経験者からすると、「どうせすぐにロードバイクに乗りたくなるんだから、最初からロードバイクを買っておけ!」ということなのでしょう。

 

しかし、前にも話しましたが、ロードバイクはあまりにもスポーツに特化していて、敷居が高いというイメージがあったこと。

長距離を自転車で走るロングライドよりも、近場をサイクリングしたり、自転車で寺社を巡り、御朱印を集めるというような乗り方を考えていたこと。

そして、なにより金銭的な問題。クロスバイクに比べて、ロードバイクは高価であること。

 

このような理由から、スポーティーな乗り方と街乗りを比較的安価で楽しめるクロスバイクに乗ることを決めました。

 

クロスバイクに乗っていてロードバイクが欲しくなったら、その時はその時で考えます!

 

スポンサーリンク

百聞は一見に如かず!お店に行こう

じゃあ、どこのメーカーのどんなクロスバイクを買おうかな?

再び活躍するインターネット。検索世代ど真ん中です!

 

色々調べてみましたが、違いが全くわかりません。良し悪しなんて、もっとわかりません。

「このメーカーのロゴ、カッコいいな!」

「このクロスバイクの形、自分好みじゃん!カッコいい!」

…と思うくらいです。

 

性能面・機能面はよくわからないので、潔く、見た目で選ぼう!

こういうときって、悩みすぎると一歩を踏み出しにくくなっちゃうんですよね。

なので、あまり考えずに自転車屋を訪れることにしました。

 

向かった先は、Y’sRord(ワイズロード)渋谷店。

日本最大級のスポーツ自転車専門店です。

 

店内に入ると、たくさんのスポーティーな自転車がところ狭しと並んでいました。

天井からぶら下がっている自転車もあり、「こうやって保管しているのか!」と圧倒。

 

「インターネットで見たことのあるメーカーだ」なんて思いつつ、自転車を眺めながら店内を歩いていると、早くも見つけてしまいました!

僕の相棒となるクロスバイクを!

 

それが、『Bianchi(ビアンキ)ROMA3』だったのです。

Bianchi ROMA3

※買った直後のBianchi(ビアンキ)ROMA3。参考に載せておきます。

 

一目惚れってあるんですね

自分でも「これがいい!これしかない!」と思える自転車に、こんなすぐに出会えるなんて思ってもいなかったです。

まさに、一目惚れ!

 

Bianchi(ビアンキ)ROMA3の、光沢のないマットタイプのチェレステカラーは、鮮やかな色の中にも渋さがあってカッコいい。

フレームも丸みのある形ではなく、まっすぐで、一本筋が通っているよう。

なんというか、クロスバイクらしいクロスバイクの形だと思いました。

 

これっきゃない!と思いつつ値段を見てみると、なんと8万円越え!

正直なところ、クロスバイクにかける予算は5万円くらいを想定していたので、3万円オーバーはちょっと厳しい。

8万円の買い物なんて、そうそうしませんし…。

 

とりあえず今日は買わないで、家に帰ってじっくり考えてみようかな…などという弱い気持ちが、一瞬頭をよぎりました。

しかし!ここで勢いに乗らないと、結局買わずに終わってしまうぞ!と自分を奮い立たせ、購入を決定。

 

今でも、弱い気持ちに打ち勝った自分を褒めてあげたいです(o’ー’o)b

 

そして購入。納車は…!?

店員さんに、「このクロスバイクをください!」と告げると、クロスバイクのサイズと体が合っているか、確認してくれました。

そして、運よくピッタリのサイズ。これはますます運命を感じます。

 

店員さんによると、翌日以降だったらいつでも納車可能とのこと。

そこで僕は、「土曜日に引き取りに来て、そのまま乗って帰ります」と宣言しました。

 

クロスバイクを購入したら、自宅まで乗って帰るということはあらかじめ決めていました。

車で引き取りに来るなんて言語道断!

この大都会、東京都渋谷区から自宅までクロスバイクに乗って無事帰還する。

これが、初心者クロスバイク乗りとしての、最初の試練だと思ったのです!

 

…と、カッコつけて言いましたが、ビビリなので半分強制にしないと、これらのことに恐怖心や苦手意識を持ってしまいそうだったのです。

◆都会を走ること。

◆知らない道を走ること。

◆長距離を走ること。

クロスバイクを楽しむ上で、この3点は基本中の基本。怖がっている場合ではありません…が、初心者あるあるですよね?

 

次回は、納車されたクロスバイクで、渋谷から千葉県の自宅まで帰る初サイクリングの体験談をお話していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました