ロードバイクで霞ケ浦ショートコースをサイクリング【カスイチ】

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング 自転車ライド

Bianchiのロードバイク『OltreXR3』が納車されてから1ヶ月が経ちました。

時が経つのは本当に早いものです。

忙しくて、なかなか乗れない日々が続きましたが、江戸川サイクリングロードのお気に入り練習コース22km×5回=110kmほど走りました。

少しずつロードバイクにも慣れてきたので、そろそろまとまった距離を走りたい。そこで、平たんな道が続く茨城県の霞ケ浦を走りに行くことにしました。

 

ロードバイクでの初ロングライド!楽しみたいと思います。

 

スポンサーリンク

どうやって走ろうか?

クロスバイクで霞ケ浦一周、通称『カスイチ』にチャレンジしたときは、霞ケ浦大橋を渡るショートカットはしないで、完全走破しました。

当時のライドデータはこんな感じです。

走行距離 126.36km
所要時間 7時間00分
走行時間 5時間58分

結構な距離を走ったんだなぁ。最近ロングライドをしていなかったので、過去の自分に関心してしまいます。

当時の詳しい様子はブログ記事をご覧ください。

 

さて、今回はどうしよう?

まだトータルで150km、1回のライドで最長31.36kmしか走っていないロードバイク。はじめてのロングライドであんまり無理をするのも怖いところ。

ここは様子を見るためにも、霞ケ浦大橋を渡るショートコースを選択しよう。調べてみると約90kmらしいので、ちょうどいい距離です。

そう言えば、霞ケ浦大橋の先には砂利道が2~3か所あったし、今回はロードバイクのロングライド性能をテストするためライド。安全第一で走りましょう!

 

霞ケ浦までのアクセスは前回と同じ。ロードバイクを車に載せて、土浦駅周辺のコインパーキングまでドライブです。

道中のコンビニでドリンクと補給食を購入。サドルバックにはパンクしたときに備えて、予備チューブ、携帯ポンプ、タイヤレバーを入れてあります。

クロスバイクより細いタイヤなので、その分パンクしやすいのかな?少し心配。今まで以上に路面の状況に注意しながら走る必要がありそう。

最後にタイヤの空気圧をチェックして準備完了!8時30分、霞ケ浦一周ショートコースを走破するため、ロードバイクを走らせました。

 

青い空と向かい風の中を走る

駐車場を出発して、桜川沿いから霞ケ浦を周回している道路に入ります。湖畔を走るときは反時計回りに走るのがセオリー。基本に忠実に行きましょう。

この周回道路はサイクリングロードではないので、普通に車も走っています。最初に走ったときは、それを知らずに驚いたものです。くれぐれも注意してください。

とは言え、交通量は少ないので安心して平坦な道を走ることができます。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

ときどき強い向かい風が吹きますが、そこまで気になるものでもありません。それより、真っ青な晴天の下でサイクリングできることが素直に嬉しい。

 

30分くらい走りましたが、ロードバイクは快調そのもの。前傾姿勢とドロップハンドルにも、徐々にではありますが慣れてきました。

ペダルに込めた力が『推進力』に変わる割合がクロスバイクの比ではありません。踏めば踏んだだけ、ダイレクトかつスムーズに進む力に変わるのを実感できます。

サイコンで速度を確認すると、なんと時速28~30kmで巡航できている!走り込んでいる人からしたら全然遅いと思いますが、クロスバイクより時速5kmくらい速くなってるぞ。

ロードバイク速い。すごい。楽しい。原始的な喜びを感じる。

 

霞ケ浦を一周するときの注意点は、周回道路沿いに補給ポイントが少ないことでしょうか?自分が知る限りでは、コンビニと道の駅がそれぞれ1か所あるくらい。

道を外れれば飲食店もあると思いますが、スムーズに走るためには事前に補給食を準備しておくことが大切です。

かわりに、トイレ休憩ができるスポットは多い印象。ショートコースだけでも4~5か所はあるかな?せっかくなので、そのひとつを紹介しましょう。

霞ケ浦沿いの公衆トイレ(茨城県稲敷郡美浦村)

スタートから1時間くらい走ったところ、稲敷郡美浦村にある公衆トイレ。

トイレの前で写真を撮るのはどうかと思ったのですが、美浦村の案内板が掲げてあったので宣伝も兼ねて載せておきます。

小休止をして再度出発!

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

走っていると、道路に案内マークが現れました。ここが、今回の霞ケ浦一周で唯一道を間違えた所。前回も同じ間違いをしているので、備忘録として残しておこう。

案内マークには『10m』と書いてありますが、すぐ先の道を左折します。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

そして、突き当りのT字路を右折するのが正しいルート。間違えて左折してしまうと、行き止まりなのでご注意ください。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

ちなみに、左折するとこのようなところに出ます。うーん、改めて見ると霞ケ浦はまるで海。釣り人がたくさんいました。

気を取りなおして、来た道を引き返します。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

現在、出発してから1時間10分が経過して、約27km地点にいます。ペダルをガンガン回して順調に飛ばしていきますが、先はまだまだ長い!

油断せず気を引き締めていきましょう。

スポンサーリンク

調子に乗っていたら足がつりそう

しばらく走っていると、懐かしのスポットに到着。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

クロスバイクで走ったときに記念撮影した場所です。せっかくなので同じ構図で写真をパシャリ。地面が柔らかくてクリートが刺さる!足を取られてコケそうになりました。

 

きれいな景色、どこまでもフラットに続く道を楽しめる霞ケ浦には、多くのサイクリストたちが集まります。それは、この日も例外ではありません。

あるとき、颯爽と走るロードバイクに追い抜かれました。

ムムムッ!クロスバイクでは、どんなにペダルを回しても追いつけず、小さくなるばかりだったロードバイクの後ろ姿。

同じロードバイクになった今。全力で追いかけたらどうなるのか?追いつけるのか?

いざ、勝負!

ペダルを回す、回す、回す。苦労せずに時速30kmに到達。時速31km…32km…33…!

前を走るロードバイクとの距離はどんどん縮まります。あまり差を縮めすぎると迷惑になる恐れがあるのである程度の距離をとって追走。

すごい!離されないぞ!

いや、それどころかもう少し力を入れてペダルを踏めば、追い抜けそうな勢い。

これには感動。クロスバイクとは違う加速性能とスピード。ロードバイクの能力をわかりやすい形で感じることができました。

 

調子に乗って、前を走っているロードバイクを数台追い抜いたところで右ふくらはぎに嫌な違和感。足をつる前の感じだ。

サイコンに目をやると走行距離は55kmと表示されている。まだそんなに走ってないのに、なんでだろう?

完全に足をつったらアウトなので、速度を落としながら原因を考えます。そして、『無理をしすぎた』という結論に達しました。とにかく、オーバーペースだった。

ロードバイクに追いつき、追い抜いたことでいい気になってました。皆さん、長距離を走るためにあえてスピードを落とし、無理せず一定のペースを守って走っていたんだ。

それに対して僕は、張り合うことに夢中で無理してスピードを出していました。これでは足に負担がかかって、長距離を走れるはずありません。

反省すると同時に、ロングライドで大切なのは『楽に走り続けられるペースを守って走る』という自制心だということを改めて思い知らされました。

 

時速18~20kmのスローペースで走っていますが、足の疲労はなかなか回復しません。少し力を入れてペダルを踏むと、瞬間ピキっとつりそうになります。

これはいけない。こういうときは、意地を張らずに休憩でしょう。

霞ケ浦の天王崎公園

ちょうどいいところにベンチがあったので、座りながら足を伸ばして休憩。遠くに見える木製の看板には『天王崎』と書いてあります。

ここは、夕日がとてもきれいに見えることで有名な天王崎公園です。

リュックサックから菓子パンを取り出しモグモグ。サイクリング中に食べると、なんの変哲もない菓子パンもごちそうに大変身。美味しい。

ストレッチをしながら15分ほど休憩したところで再出発。残り40kmくらいかな?

 

休憩後の巡航速度は時速20kmくらい。ストレッチの効果もなく、これ以上スピードを出そうとすると確実に足がつる!今日はもう無理しないでゆっくり走ろう。

小一時間ほど走ると、霞ケ浦大橋が見えてきました。

霞ケ浦大橋

霞ケ浦大橋を渡ることで、30kmくらいショートカットできます。日本で2番目に大きい湖を横断。なんだか海の上を走っているような錯覚に陥ります。

 

土浦駅まで、あとどのくらいだろう。

サイコンを見てみると、走行距離は73kmと表示されています。残り20kmくらいなので、このペースで走るとあと1時間くらいかな?

向かい風が強くなる中、必死にペダルを回す。足だけではなく、上半身にも疲労が蓄積されてきました。これは、かなりキツくなってきたぞ。

ロードバイクで霞ケ浦一周サイクリング

たくさんのロードバイクに追い抜かれますが、張り合う体力は残っていません。無事に完走できるように、ゆっくりでも確実にペダルを回します。

遠くに見えていた建物が、どんどん近づいてきました。

そして、ヘトヘトになりながらもついに土浦駅に戻ってくることができました!霞ケ浦一周ショートコース、完全走破です!

 

ロードバイクで走ってみた感想

想像以上に疲労困憊のサイクリングとなってしまいました。

体力的にはクロスバイクで霞ケ浦を完全走破したときと同じくらいの疲労度です。そういえば、あのときはSPDペダルじゃない普通のペダルだったなぁ。

 

疲労の原因を分析してみると、やっぱり”ロードバイク”という乗り物に、体がまだ慣れていないのかな?と思いました。

慣れていないから、無理して自分の能力以上にペダルを回してしまう。追いつけることがうれしくて、つい前を走るロードバイクを追いかけてしまう。

そして、足への疲労が蓄積されていき、足がつりそうになるという形で限界をむかえました。

 

ライドの後半は足だけではなく、肩や腕などの上半身にも影響がありました。

ロードバイクの前傾姿勢に慣れていないこと、そして体を支える『体幹』が鍛えられていないのが原因だと思います。

体幹を使わずに、腕の力で体を支え続けていたせいで疲労が蓄積したのでしょう。

 

やっぱり、ある程度まとまった距離を走ると気づくこと、見えてくることがあるなぁ!

めちゃくちゃ勉強になりました。

本日の総括ということで、ライドデータを振り返ってみましょう!

走行距離 94.73km
所要時間 4時間47分
走行時間 4時間26分

平均速度 時速21.3km
最高速度 時速35.5km

ガーミンに記録されているデータを書き出してみました。

所要時間と走行時間の差が休憩時間になるわけですが、21分という時間はペース配分としてはどうなんだろう?

アップダウンや信号のない霞ケ浦だからいいものの、自転車旅なんかでロングライドを走るときは、もっと小まめな休憩を心がけないといけないな。

 

それにしても、ガーミンが便利すぎる!

走ったコース、時間、速度やケイデンスなどのデータがすべて蓄積されていくので、見返したときに自分の走りを確認できたり、驚きや発見があっておもしろいです。

これは、新しい”走る喜び”になりそう。

ガーミンの情報をブログにアップすることもできるようですが、まだ未修得。近いうちにやり方を勉強したいと思います。

 

天候にも恵まれて、最高に楽しいサイクリングとなった霞ケ浦一周ショートコース。

ロードバイクで平坦な道のりを100km近く走りました。

次はヒルクライムに挑戦してみたいのですが、どこの峠がいいかな?

 

ゴールデンウィークに向けて、超長距離自転車の旅も計画中なので、またブログ記事でお伝えしていきたいと思います!

それでは( ´ ▽ ` )ノ

コメント

  1. PALCOM より:

    ロード買ったんですね。買うのは時間の問題かなと思ってました。

    道祖神(道陸神)峠経由で笠間稲荷神社御朱印ライドお願いします。

    • にしき より:

      勢いもあり買ってしまいました!クロスバイクとはまた違った魅力があります。

      峠と御朱印をダブルで楽しめますね。つくば駅まで輪行すれば片道45kmくらいかな?いいですね!近々必ず走ります!

タイトルとURLをコピーしました