クロスバイクで霞ケ浦一周を完全走破してきました!【カスイチ】

”一周”…それは、サイクリストを焚きつけてやまない魅惑の言葉。

こんにちは、にしきです!

一周を勝手に魅惑の言葉にしちゃいましたが、皆さんはどうですか?僕は、過去に伊豆大島を一周した経験があるように、この言葉に焚きつけられまくっています。

今回、一周ライドの舞台に選んだのは茨城県の霞ケ浦です。通称『カスイチ』と呼ばれていてサイクリストの間では定番のライド。

日本横断ライドに向けて、今の自分の体力を把握することも兼ねてチャレンジしてきました!

日本で2番目に大きい湖『霞ケ浦』

そもそも霞ケ浦ってなんなの?知らない人もいると思うので、まずは簡単に説明しておきましょう。

霞ケ浦(かすみがうら)とは?

茨城県南部にある日本で2番目に大きい湖。その湖面積は茨城県全体の3分の1以上を占めています。夏には帆引き船が運航され、冬には多くの渡り鳥が飛来します。

水深は平均4mと浅く、もっとも深いところでも7m程度。ワカサギ、コイ、ハゼ、ブルーギル、ブラックバスなどが生息しており、釣り場としても人気があります。

大昔(約10万年前)の霞ケ浦は、海が陸地に深く入りこんだ入江でした。霞ケ浦が今のような形になったのは、1600年代の終わりごろ。江戸湾(現在の東京湾)に注いでいた利根川の流れを変える大きな工事がおこなわれ、たくさんの土や砂が利根川の下流や霞ケ浦の南東部に積り新しい陸地が作られ、今のような形になったと言われています。

霞ケ浦って大昔は海だったの?!知らなかった。ちなみに、もともと海だったところが隔離されてできた湖を”海跡湖(かいせきこ)”というらしい。

そして、ここにも出てきた!利根川の東遷事業!川の流れを変える大工事だもの、いろいろなところに影響してくるのは当然だけど、つながりを感じておもしろい。

ちょっと面倒だと思っても、自分が走るところの情報や歴史を調べてみると、おもしろい話が見つかるもんですよ(*゚ω゚*)

そして、霞ヶ浦はこんな湖です。

どうです?広いでしょう。さすが日本で2番目に大きい湖。

霞ケ浦一周の距離は約125kmですが、湖の上部を分断するように架かっている霞ケ浦大橋を渡ることで30kmショートカットできるようです。

それは果たして一周なのか?にしき的にはNOです。霞ケ浦大橋のお世話にはならないぜ!

それにしても、125kmかぁ…。埼玉県から山梨県甲府市までのロングライドを思い出しますね。武者震いが止まらねぇ((( ;゚Д゚)))

1日の始まりはパンクから

霞ケ浦一周の計画はこうです。

まずは、土浦駅までクロスバイクを車に載せて移動し、コインパーキングに駐車します。そしてそこから霞ケ浦を周回しているサイクリングロードを反時計回りに走ります。

うむ、我ながら完璧。

そして、当日を迎えました。起床は朝4時30分。自宅から土浦駅まで車で1時間くらいかかるので、かなり余裕をもって早起きしちゃいました。

身支度を済ませて、クロスバイクをスタンドから降ろすと、ベコっと前輪に違和感。完全に空気が抜けてます。

もうね、パニックですよヽ(´゚д゚`;≡;´゚д゚`)ノ

とにかくパンクしていることは一目瞭然なので、意を決して初めてのチューブ交換にとりかかります。

霞ケ浦を走っている最中にパンクしなくて本当によかった。むしろ、自宅で落ち着いた状況の中、YouTubeのチューブ交換動画を見ながら作業できたのは幸運かも。

それにしても、自転車ブログをやっていると、「”はじめてのチューブ交換”って内容の記事が書けるな」と妙なプラス思考が働いてしまいます。ネタゲット的な(σ´∀`)σ

20分くらい格闘して、なんとかチューブ交換が完了しました。うーん、意外と簡単だった。原因は不明だけど経年劣化かな?

出だしからトラブルに見舞われましたが、土浦駅までのドライブは快適でした。

コインパーキングに車を止めて、クロスバイクを降ろします。前輪を触ってみても空気が抜けている様子はない。うん、チューブ交換が成功したんだな!

そして時刻は朝の6時30分。

クロスバイクにまたがり、霞ヶ浦一周に向けてペダルを踏みだしました!

いざ、霞ケ浦一周へ

まずは、霞ケ浦に流れ込んでいる桜川に沿って、サイクリングロードを進みます。

茨城県南部の桜川

桜並木がきれいでテンション上がる!桜川という名前は伊達じゃないですね。

霞ケ浦

ものすごい逆光ですが、目の前に広がるのは間違いなく霞ケ浦!昇る朝日が妙に大きい。

ここから125kmの旅が始まるんだな。

しばらく湖沿いを走っていると、霞ケ浦総合公園が見えてきました。

霞ケ浦総合公園の風車

霞ケ浦総合公園のシンボルであるオランダ型風車と桜のコラボレーション。とてもきれいです。風車の中段には展望台があるそうです。

先に進むと、陸上自衛隊の土浦駐屯地があり、湖沿いは走れない模様。駐屯地を避けるために一般道路に出ますが、どのタイミングで湖沿いに戻れるのかイマイチわからない。

走っていると、なにやら変わった外観の建物があったのでむかってみると予科練平和祈念館があり、そこから湖沿いに戻ることができました。

この霞ケ浦ですが、完全に湖沿いを一周に渡り走れるというわけではなく、ちょくちょく湖から離れて走らなければならないポイントがあります。

気持ち程度の標識と自分の方向感覚を頼りに走るのは少し不安ですが、同時にいい刺激にもなります。

10kmも走っていませんが、小さな公園があったので少し休憩。

あみサイクリングマップ

設置されているサイクリングマップによると、この公園は阿見町の島津小公園というらしい。

さすが、サイクリングに力を入れている茨城県。こういうマップがあるとテンション上がる!

それでは、先は長いので進むことにしましょう!

自転車の宿敵にふたつも遭遇

湖沿いは遮蔽物がないためか、とにかく風が強い!そして当たり前のように向かい風です。たまには、追い風を体験させてくれ。

自転車の宿敵のひとりは、言わずもがな向かい風です。

こればかりは耐え忍ぶしかない。クロスバイクなりに、できる限り身をかがめて走ります。

風は強いですが、道路はとてもきれいで走りやすい。どこまでもフラットな道路が続いているので、その気になればけっこうなスピードで走ることができます。

ちなみに、湖沿いをそれるときに現れるマークがこちら。

霞ケ浦のサイクリングロード目印

基本的にはこのマークの指示通りに走れば大丈夫なのですが、微妙にわかりにくいので少し注意が必要かも。

そろそろ休憩したいな…と思っていたら、前方にコンビニが見えてきた!嬉しい~!

セブンイレブン稲敷古渡店の駐車場

サイクルラックを完備したこのコンビニはセブンイレブン稲敷古渡店です。霞ケ浦一周を取り扱ったブログではたびたび目にする有名(?)なコンビニ。

出発からここまで約20km。かかった時間は約1時間半。うーん、向かい風のせいで少しペースが遅いかな?

まぁ、ゆっくり楽しみましょう( ̄∀ ̄)

霞ケ浦を走っていると、太公望の多さにびっくりします。

僕は何度かバス釣りをしたことがありますが、いまいちおもしろさがわからなかった。多分、釣れなかったからだと思います。

じ~っと釣り人を見ていたら、目が合う。そのとき、「こんな朝っぱらからよくやるなぁ」という気持ちをお互いに抱いたのは間違いないでしょう。

閑話休題。スピードアップしていきますよ~!

ここからは、ひたすら湖沿いを走る、走る、走る。

そして、たまに思い出したように写真を撮る。

霞ケ浦一周サイクリング

いい写真撮れた。これでバッチリ霞ケ浦を走っていることが伝わりますね。

霞ケ浦一周サイクリング

霞ケ浦を走り始めてからすぐに思ったけど、もうこれ、湖じゃなくて海だよね。

走っていると、前方になにやら黒いモヤのようなものが見えるぞ?そして、その数秒後に新たな宿敵と遭遇しました。その名は、小さな虫!

1匹や2匹なんていうレベルではなく、数百匹単位で飛び回っています。暖かくなってきたし、水辺だから仕方ないとはいえ、その大量発生ぶりに驚きを隠せません。

大量に飛び回る虫の群れに突っ込むのは非常に不快ですが、避けようもないので下を向いて走り抜けます。幸い、虫発生ゾーンは限られた場所だけだったので一安心。

ふう、2~3匹口の中に入ったぜ(´ω`;)

カスイチ中盤戦、霞ケ浦大橋の誘惑

セブンイレブンから約35km走ると、ついに到着しました。霞ケ浦大橋です。

霞ケ浦大橋

ここまで走った距離は約70kmですが、正直言って、結構疲れています。そんな僕に、霞ケ浦大橋が、「こっちの水は甘いぞ~」と誘惑してきます。

霞ケ浦湖岸広域案内図

地図で見るとこんな感じ。

現在地と書かれている地点から霞ケ浦大橋を渡ると約20kmで土浦駅まで到着。ここを渡らずに、霞ケ浦の上部まで走るとプラス30km、土浦駅までは約50kmといったところです。

確かに、霞ケ浦大橋の誘惑は魅力的だ。しかし、めざしているのは霞ケ浦一周の完全走破!ここは歯を食いしばって、プラス30kmを甘んじて受け入れましょう!

その前に、『道の駅 たまつくり』で本日2回目の休憩ターイム(人゚∀゚*)

こんなの食べちゃいました。

行方バーガーこいパックン

行方市のご当地グルメ、行方バーガーこいパックン!その名の通り、霞ケ浦産のコイを使用したバーガーです。お茶付きでお値段400円なり!

うまし、うまし(o^~^o)

行方バーガーは他にも、なめパックン、ぶたパックン、かもパックンの計4種類があります。なめパックンの”なめ”ってなんだかわかりますか?ナメコじゃないですよ?

正解は霞ケ浦で養殖されたナマズだそうです。間違えた方は罰として、『道の駅 たまつくり』を訪れた際には、なめパックンを食べること!(。・∀・)ノ

さ~て、お腹もふくれたところでラスト50km、走っていきますか~!

気合いを入れて走り始めたところで、まさかの砂利道。

霞ケ浦サイクリングロードの砂利道

霞ケ浦一周を走る上で、避けては通れない砂利道が数か所ありますのでご注意ください。距離にしたら100mもないくらいなので、サクっと走り抜けちゃいましょう。

出発から約100km地点、一心不乱にペダルを漕いでいましたが、かなり疲れた!

少しずつ左ひざが痛み出してきて、ペダルを漕ぐのがしんどい。どうしても、左ひざをかばうようなペダリングになってしまいます。

お尻にも鈍い痛みが蓄積されてきています。キツイけど、あと一息がんばろう。

砂利道があったりして気の抜けない30kmでしたが、なんとか霞ケ浦大橋まで戻ってきた!

霞ケ浦大橋

ちなみに、霞ケ浦大橋の長さは約1kmです。うーん、橋を渡らないことで30倍の距離を走ることになるとは、文明の力はおそるべしだ。

霞ケ浦大橋

記念撮影。ふふふ、霞ケ浦大橋の誘惑に打ち勝ったぞ!

ここまで来れば、霞ケ浦一周まで残り約20kmだー!ラストスパートかけるぞ!

左ひざをかばいながらペダルを漕いでいたら、今度は右ひざが痛くなってきた。

お尻の痛みも、まだまだ耐えられないほどではないけど、地味に辛い。小まめにポジションをチェンジします。

そうこうしている内に、遠方に土浦市の街が見えてきました!

霞ケ浦一周サイクリング

もう少しだー!

必死にペダルを漕ぎ、出発から7時間後の13時30分、無事に霞ケ浦一周を走り切ることができました!

霞ケ浦一周を完全走破した感想

お疲れさまでした!なんとか、走り切ることができました。

サイコンによると、走行距離は126.34km、走行時間は5時間58分でした。さすがに距離あったなぁ。そして、約1時間くらいしか休憩してなかったんだ。

霞ケ浦を走ってみた感想です。

サイクリングロードは整備されてて、とても走りやすかった!景色もきれいなので癒されながら走ることができました。

後半はその景色にもちょっと飽きたけどね。

ずーっと湖沿いを走れるわけではなく、建物や施設を避けるために一般道路を走らなければいけない場面もちょこちょこあって、そのたびに迷いそうになって不安でした。

湖沿いを外れるときは、もう少しわかりやすい標識などで案内してほしい!まぁ、なんとなくの方向感覚で走れるレベルなので、そんなに心配しなくても大丈夫です。

日によると思いますが、僕が走ったときは、とにかく風が強かった!向かい風は本当に体力を持っていかれます。気持ちを強く持つのが対策です。

あとは、湖沿いはコンビニや飲食店、自動販売機がほとんどないので、補給食や水分は事前に買っておくことをオススメします!

湖を少し離れると、いろいろとお店もあるようなのですが、僕は一周ライドをしているときはなるべく寄り道をしたくないので、ちょっと多めに持っていきました。

フラットな道をバシバシ走りたいという人にはうってつけなサイクリングロードだと思いました。霞ケ浦大橋を渡れば約90kmで一周できる手ごろな距離感も魅力のひとつ。

霞ケ浦一周ライド、とてもオススメです!

そして、信号機のないフラットなサイクリングロードを126km走り、現在の自分の体力もおおむね把握することができました。

体力的にはまだまだ走れそうだけど、両ひざとお尻が少し痛くなりました。深刻な痛みではないけど、数日間走り続ける日本横断ライドをするときには、この痛みは無視できない。

休憩が少なかったという反省もあるので、次に活かしていこうと思います。

なんにせよ、いい経験になった!楽しかったd(≧▽≦)

次の大きな目標である日本横断ライドに向けて、がんばっていきます~!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする